Main | February 2005 »

January 31, 2005

デジタル電子地図

DSCF0038ゼンリンのデジタル電子地図というのがあります。

地図ソフトというと、CDやDVDにそのデータが入っていて、キーワードを入れたりして目的の場所を呼び出して使うものですよね。ところが、自分が使っているPCに入っていたゼンリンのデジタル電子地図は、インターネットを通してサーバにデータを読みに行くのです。つまり地図は常に最新データなわけです。ある時期を過ぎると継続手続をして利用料を払わないと使えないみたいですが(そりゃー当然ですよね)。

昨夜、そのデジタル電子地図を使って画面上で旅をしていました。会社の帰りに電車で眠ってしまい、たまに行ってしまう四つ木や青砥は家からどれくらい遠いのだろうなんて思いながら、葛飾区から江東区までを地図をスクロールさせながら辿ってみみました。そしたら、自分が想像していたよりは近くて、これなら最悪タクシーで帰ることになっても財布は耐えられるかなーなんて思ったりしました。

そんなことをしているとき、あることを思いつきました。昔、住んでいた松山(愛媛県)に行ってみようと。

昔、住んでいたところの住所を一覧から選択すると、地図は瞬時に現れました。突然、東京から伊予の地へ舞い降りた気分です。まず最初に目にしたのは、昔住んでいた社宅の近くにあった酒屋の名前でした。「懐かしい…」思わず独り言。その位置を手掛かりに、自分が住んでいた建物の姿も確認することができました。

道後温泉、石手寺、道後中学校、松山東高校、松山城、大街道、県民文化会館、松山の名所や自分の通っていた学校を次々と駆け足で走り回りました。何度も「懐かしいなあ…」と呟いて、蘇ってくる16や17の頃の記憶と交信しながらあの頃の街並みを思い浮かべたりしました。地図を見ようとしただけなんですけど、記憶の世界に誘われ長い寄り道をしてしまいました。

行きたくてもなかなか行けない、そんなところを電子地図で旅してみてはいかがでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 30, 2005

バスブーム?

MAYさんの見よう見まねで作ってみました。飽きっぽい性格なのでいつまで続くことやら…。

先日、都営バスのバスモデルっていうのが6,000個限定で発売されたんですけどご存知ですか。私はこの存在を通勤で乗る都営地下鉄の駅のポスターで知りました。

ミニカーみたいなものなんですけど、なかなか作りは凝っているようで細部まで実物に忠実に作られています。子供が買うものなのか大人が買うものなのか私にはよく分かりませんが、値段が800円でお手頃なのと「都営バス好き」なので是非買いたいと思いました。

発売箇所は都バスの営業所や定期売り場等で、発売日は平日でした。売り切れの心配は若干あったものの、発売後1週間程度は大丈夫だろうと鷹をくくっていました。そしたらとんでもない、即日、しかも1時間で全て売り切れたらしいのです。

そのバスモデルは発売後すぐにオークションに多数出品されていました。1セット数千円で取引されていたので、定価の3~4倍です。果たして6,000個のうち純粋な都バスファンに買われた数はいくつなんだろう。

このバスモデルシリーズは都バス以外にもたくさん発売されていて、なかなか人気が高くて売れているようです。これは果たしてバスブームの到来なのでしょうか。自分もこれを機にバスを集めてみようなんて思ってしまいます。明日から街にブームの兆候が見えるかどうか観察してみます。

とりあえず限定の都営バスはオークションで落札して入手してしまいました。品物はもうきたのですが、入手したところで一体これを何に使えばよいのだ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | February 2005 »