« January 2006 | Main | March 2006 »

February 25, 2006

無心の強さ

今から1か月くらい前、私は友人宅でビデオを見ながらフィギュア談義(そんな単語あるのか!?)をしながら食卓を囲んでいました。ビデオはソルトレーク五輪の女子フィギュアスケート、フリーの演技です。トリノに向けての予習といった意味あいで私たちはそのビデオを見ていたのですが、今回のトリノ五輪女子フィギュアスケートは、またそのビデオを見ているような気がするくらい内容が似ていました。

先日のフィギュア談義では、前回の五輪を踏まえ、トリノでは誰が出てくるのかという話題になりました。私はフィギュア・マニアの友人の夫人に予想を聞かれたのですが、「普通に考えればスルツカヤだと思うが、ソルトレークを見てわかるように、何が起こるかわからない。」と答えました。結局、本番が始まるまで誰が勝つかは思い浮かびませんでしたが、サラ・ヒューズみたいに意外な選手が出てくるのではないかと思っていました。唯一、浮かんだのがサーシャ・コーエンだったのですが、ちょっと違う気がしました。

そして迎えたショート・プログラム。日本人選手の滑走順は安藤、荒川、村主でした。荒川静香選手は、今シーズン、フリーで使用していた「幻想即興曲」を五輪ではショート・プログラムにもってきました。短期間でリ・アレンジして本番の演技にもっていくのは危険も伴う思い切った作戦だったと思います。しかし、限られた時間の中で最高に効率よく仕上げたのでしょう。幻想即興曲が持つ曲の勢いそのままに、見事に滑り切りました。そして、何より安定していました。安藤美姫選手が最初に滑走し、一生懸命演技をしたことも、荒川選手により安心感を与えたのではないでしょうか。この滑走順も、荒川選手を金メダルに導く絶妙な要因のひとつだったのかもしれません。さて、イリーナ・スルツカヤ選手は少し抑え気味のようにも見えましたが、シーズン中とほぼ変わらない演技で、滑り終わった時点で当然のように首位に立ちました。そして、意外だったのが最終滑走のサーシャ・コーエン選手。これがサーシャ・コーエンかと思うほど自信に満ちた堂々とした演技を披露。今までは、技と美しさをもっていながらプレッシャーに弱く、大舞台では自滅してしまう印象が強い選手でした。私は「化けた」と思いました。メダル獲得レースにおける日本人選手のライバルは実質スルツカヤ選手だけだと思っていたのですが、何とそのスルツカヤを抜いてサーシャ・コーエンが1位になりました。

オリンピックでの戦いはプロ野球でいえば日本シリーズに似ています。レギュラー・シーズンでいくら活躍していても、相手に研究され弱点を突かれると全く打てなくなってしまいます。逆に、シーズン中は全く目立たなかった選手が、特定のチームを相手にすると通用する何かを持っていて、大活躍してしまったり。その後者に当たるのがが、今回はサーシャ・コーエンなのでしょうか。

SPを終えて1位、サーシャ・コーエン、2位、イリーナ・スルツカヤ、3位、荒川静香がほぼ横並びの得点で迎えたフリーの演技。最終組の選手が6分間練習へ次々とリンクへ飛び出して行きました。テレビを見ていて気になったのが、サーシャ・コーエンが何度も鼻をかんでいる姿、そしてジャンプの練習で転倒を繰り返している姿でした。素人目で見ても普通の状態でないことは明らかでした。体調を崩してしまったのでしょうか。一方の荒川選手は、特に力が入っている様子もなく、状態は良好といった印象でした。

上位3人で最初の滑走はサーシャ・コーエン。不安を覗かせた6分間練習でしたが、演技へ向かうときもまた鼻をかんでいました。そして演技が始まり、さきほどの不安は間もなく彼女のジャンプに影を落としました。転倒。その姿は、ソルトレークでの転倒とはまた違った、痛々しいものに見えました。SPが良かっただけに、もし怪我や体調不良があったなら本当に気の毒です。結局、その転倒が響いて彼女の得点は伸びませんでした。続いて荒川選手。表情も自然だし、動きにも硬さがありませんでした。3・3のコンビネーション・ジャンプの予定が安全策で3・2にはなったものの、他のジャンプ、スピン、スパイラルはミスなく美しく優雅に演じました。そして、プログラムに入れると予告していた美しい得意技、イナバウアーを後半で魅せ、技術点にはならないものの、審判員に対するダメ押し効果は十分過ぎるくらいでした。結果、技術点、5コンポーネンツ共に高得点をあげて190点超えのパーソナル・ベスト。メダルは確定しました。

この時点で、私はスルツカヤが普通に滑れば金メダルと思っていましたし、病気を克服し、悲願の金メダルまで正にあと一歩のところまで登りつめた彼女に優勝して欲しいと思っていました。しかし、演技が始まると彼女は明らかに硬くなっていました。いつものスルツカヤではありません。そのとき私は「もし失敗したら荒川が勝てる」という気持と、「でも金メダルを獲ってスルツカヤに涙を流して欲しい」という気持が入り乱れ、複雑な心境に陥りました。「失敗して!」「そんなこと考えちゃダメだ!」という心の声を繰り返しているうちに、人間て嫌なものだなと思ったりもしました。そして次の瞬間、信じられない光景を目にしました。スルツカヤがジャンプに失敗して転倒したのです。
 「こんなことがあるのか」
ソルトレークでも失敗はしましたが、そのときは着地のバランスを崩したものの転倒はしませんでした。そのスルツカヤが転倒。私は初めて見ました。それだけでなく、スピード感もないし、安全策ばかりで攻めの姿勢がないプログラム構成。これが五輪のプレッシャーなのでしょうか。転倒した時点で、誰もが荒川静香選手の金メダルを確信したことでしょう。この日の出来なら、転倒していなくても荒川選手が上でした。

スルツカヤ選手には申し訳ありませんが、転倒した瞬間から私は荒川選手の金メダルに興奮していました。そして、最終滑走、スルツカヤ選手の得点が発表され、荒川選手の金メダルは現実のものとなりました。トリノ初のメダルは金メダル。そして、日本、いやアジア女子初のフィギュア金メダル。感激で涙が溢れてきました。荒川静香さん、本当におめでとうございます。そして、ありがとう。

彼女はシーズン中、より得点を稼ぐために試合を重ねながら修正を重ねてきました。その集大成が全日本選手権での素晴らしい演技、そして高得点でした。しかし、それにとどまらず、五輪で美しい演技を魅せるため更なる研究と挑戦を試みて、最後まで果敢に攻めていきました。他の選手も同様に努力していたと思うのですが、荒川選手は打つ手が良かったし、タイミングも良かったし、何より決断の思い切りが素晴らしかったです。己を知り、適切な手段を適切な時期に迷わず打つ。荒川選手が獲得した191.34点の大半は、本番を迎える以前の段階で獲得していたのかもしれませんね。彼女は金メダルなんて信じられないと言っていますが、それは本心だと思います。でも、それに向けた準備は着実に積み重ねてきました。欲という気持に自分が支配されないよう、最高の演技を披露するという目標に向かって一日一日を地道に過ごしてきたのだと思います。私はサラ・ヒューズの金メダルを無欲の強さと書きましたが、荒川選手の金メダルは無心の強さと言いたいと思います。またまたフィギュアスケートでいろいろ勉強させていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

ひとりカラオケ

先日、テレビを見ていたら、フジテレビの中野美奈子アナがよくひとりでカラオケに行くと言っていました。

実は私もひとりカラオケの経験が何度かあります。飲みに行って終電がなくなると、カラオケの夜間フリータイムを利用して、朝まで過ごせる個室を確保するのです。そういうときは、始発までの4~5時間、ひとりでカラオケBOXの個室で過ごします。寝るためと見せかけて店に入るのですが、実は好きな歌をずっと歌い続けたくてカラオケBOXに入るのです。終電がなくなって飲み会も解散になると、私はカラオケに行けることが嬉しくて仕方がないのです。

ひとりカラオケ、私はそれを特別なことだと思っていたので、酔った勢いでないとできませんでした。しかし、中野アナの話を聞いて、そうでもないということが分かりました。インターネットの掲示板にも、「練習のためひとりでカラオケBOXに行くことは決して珍しいことではない」という書き込みがたくさんありました。そこで、私も平日の昼間を狙ってチャレンジすることにしたのです。

昨日は休暇だったので、早速作戦を実行しました。まずは店選びですが、学生や子供があまり来ないビジネス街が良いと思い、日本橋へ行きました。2~3件知っているところがあったのですが、土地柄か夕方から営業という店が多く、早々に諦めて神田へ移動。

月曜日の15時前、神田のカラオケ館に到着しました。店の周りは音だけ賑やかで明るい雰囲気でしたが、受付には客が誰もいませんでした。ひとりカラオケには絶好の入りやすさです。私は迷わず入店しました。すると、店員の女の子が親切に受付してくれました。特に「おひとりですか」などと聞かれることもなく、ひとり客の応対にも慣れている印象を受けました。そして私はカラオケ館の会員になることを勧められ(最初に50円払うだけで、利用料金が割引になるのです)、言われるがままに申込書を記入しました。

受付を終えると部屋に移動したのですが、私のいたフロアには客が誰もいませんでした。これならひとり客でも店は歓迎するわけですね。久しぶりのひとりカラオケです。いや、カラオケ自体かなり久しぶりなのです。わくわくしながら1曲目を入れ、歌いながら次の曲を選び、その連続であっという間に2時間が過ぎていきました。ちなみに、終電がなくなってカラオケに行くときは4~5時間店にいるわけなんですが、いつもノン・ストップでずっと歌ってます。なので、今回の2時間なんていうのはへっちゃらです。ちなみに、今回歌った曲を思い出してみたら25曲でした。そのペースで計算すると、夜のときは50曲以上は歌ってますね。

<今回>
シェットランドに頬をうずめて/竹内まりや
LOVE TALKIN'/山下達郎
飛遊人/山下達郎
BLOW/山下達郎
すきま風/杉良太郎
明日の詩/杉良太郎
江戸の黒豹/杉良太郎(2回)
Nile In Blue/菊池桃子
アイドルを探せ/菊池桃子
ゴー・バック・イントゥー・チャイナ/鹿取洋子
長崎慕情/渚ゆう子
京都慕情/渚ゆう子
京都の恋/渚ゆう子
雨の御堂筋/欧陽菲菲
銀河系まで飛んでいけ!/梓みちよ
その気にさせないで/キャンディーズ
乙女座宮/山口百恵
あなたの彼女/松浦亜弥
奇跡の香りダンス/松浦亜弥
渡良瀬橋/松浦亜弥
ETUDE/高橋由美子
おまえに/フランク永井
至上の愛/アルフィー
A LAST SONG/アルフィー
ONE NIGHT IN HEAVEN/WINK

帰り、会計の際は別の男性の店員さんだったのですが、とても感じのよい対応で神田南口店はとても良かったです。団体のときも是非利用したいと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

エミリー・ヒューズ

昨日の朝日新聞の夕刊に、ミシェル・クワン出場辞退の記事が出ていました。

私が批判記事を書いた翌日、早々に辞退が決まってしまいました。ひとこと言わせていただくなら、残念です。代わりに出るのは、あのサラ・ヒューズの妹・エミリー・ヒューズだそうです。一体、どんな選手でどんな演技を見せてくれるのでしょうね。

別の楽しみができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2006

ミシェル・クワン

今シーズン、なかなか表舞台に姿を見せることがなかったミシェル・クワン。通常ならばそれで五輪代表に選ばれることはありえない話ですが、陳情書による自身の訴えにより、過去の実績が認められトリノ行きが決まりました。

わがままな話だとは思いましたが、そのことは別にして、新採点法のもと、ミス・パーフェクトといわれる彼女が一体どんな演技を見せてくれるのかは実に興味の深いところでした。

しかし昨日、ミシェル・クワンが会見を行い、怪我の状態が思わしくないため出場を辞退する可能性を示唆したというニュースを聞きました。体調が万全でないことは初めから承知の上で五輪出場に手を挙げたはずです。クワンが出れば、その分ひとりが五輪出場を阻まれることも十分わかっていたはずです。ですから、今さら辞退だなんて言われると、「だったら初めから割り込んでくるな」と私は思ってしまうのですが、言い過ぎでしょうか。

足が折れてでもリンクの上に立つべきです。例え不様な格好を見せることになったとしても、それが自分の選んだ道。そのときは甘んじて批判を受けるべきです。彼女が認められるには、メダルを獲ること以外にありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2006

無欲の強さ

最近、NHK-hiでソルトレーク五輪の女子フィギュアスケートが再放送されました。

ソルトレークは4年前の大会ですが、どんな大会だったかあまり記憶に残っていませんでしたので、新鮮な感覚で見ることができました。

大会前の予想では、ミシェル・クワン、イリーナ・スルツカヤが金メダルを争い、それにもう一枚絡むとしたら、サーシャ・コーエンという見方が大勢を占めていたと思われます。そして実際の大会においても、ショート・プログラムが終わった時点では、その下馬評通りに試合は進んでいました。ところが、フリーの演技で様相は一転。SP4位だったサラ・ヒューズが神がかり的な完璧な演技を決め、しかもメダルを目指すピリピリした雰囲気とは無縁な爽やかな笑顔で観客を魅了しました。その一方で、ミス・パーフェクトのミシェル・クワンはジャンプでまさかの転倒。そしてイリーナ・スルツカヤも転倒はなかったものの、ジャンプの着地でバランスを崩すミスを犯してしまいました。

期待の大きかった2大選手が揃ってミスに泣き、もしメダルに手が届けば上出来くらいに思われていたサラ・ヒューズが見事な逆転優勝。今、振り返ると、いろんな要素が重なって、絡み合ってこの結果が生まれたと思います。サラ・ヒューズがSPで1つでも順位が上だったなら、メダルが獲れるかもしれないという欲がもっと強まって、フリーでのびのびと演技ができなかったかもしれません。そしてフリーでクワン、スルツカヤがサラ・ヒューズより先に滑走していたなら、ミスなく演技ができていたかもしれません。サラ・ヒューズの「まさかの完璧な演技」が、そのあとに滑る全ての選手にショックを与えたのだと思います。それがクワンの転倒を誘い、そのことがスルツカヤにとってさらなるプレッシャーとなったことでしょう。

欲。無心で目標に向かっているとき、それは人を成長させます。しかし、その目標が目前に迫ったとき、それは人の心に邪念を呼び、平常心を乱してしまいます。ミスが常に隣り合わせのフィギュアスケートにおいては、欲に縛られない、「無欲の強さ」というのが顕著に現れるように思います。もし浅田真央に五輪出場がかがっていたなら、毎回あんなに活躍できたかどうかは分からないし、NHK杯の中野友加利にしても、代役でグランプリ・シリーズに出てきてただ無心で一生懸命演技をしたから優勝できたのだと思います。

私も大舞台に立ったときは無欲の心理でいれるような訓練をしておこうと思います。フィギュアは色々なことを教えてくれますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2006

仕事の道具

新しい職場に移って約2か月が経とうとしています。最初は空だった机の中も、ようやく文房具やファイルが整然と並ぶようになりました。

文房具は欲しいものを言えば揃えてもらえるとは思うのですが、時間がかかりそうだし、頼むのも面倒なのでほとんど自分で買ってしまいました。穴あけパンチ、ホッチキス、カラーマーカーペン、はさみ、のり、カッター、ファイル、インデックスシール、付箋紙、電源の延長コード、ネームランドのテープ、全て自前です。

自分が快適に仕事をするための道具は、1日でも早く、自腹を切ってでも揃えるべきですね。それは書類の整理をするためなんですけど、書類の整理は最初が肝心です。最初が全てです。乱れ始めると元に戻すのが本当に大変です。

その怖さを私は知りすぎているほどよく知っているので、書類が少量のうちに自分の中で秩序を決め、美しく保管するよう心がけています。大きな分類はファイルで分けて、小さな分類はファイルの中でインデックス分け。さらにファイルやインデックスのタイトルは全て印字したテープで綺麗に仕上げます。

整理の状態が良いと仕事が楽しくなるし、頭の中も常に整理された状態になります。そして欲しい書類は欲しいときにすぐ出てきます。そのような快適ビジネス・ライフを過ごせるかどうかは、最初に時間をかけて整理するかしないかにかかっています。

決して大袈裟だとは思いません。とにかく最初が全てだと思いますので、1万円かけてでもお気に入り文房具を揃えるべきです。マイ・グッズなら愛着も沸くし大事に使うので、仕事に対しても接し方が丁寧になります。例えば、ホッチキスは1,000円以上もする平らに止められるタイプを買ったのですが、高いホッチキスで止めた書類は質感が上がりますよね。自分の書類を綴じるファイルも自分で買えば好きなカラーに統一できて、引き出しを開けたときに気持がよくなります。

元々私はこのようなことにこだわるタイプなんですが、近年、面倒なのと大して意味がないと思う気持から、身の回りは雑然とした状態で仕事をしていました。最初のうちは情報処理が頭の中だけで片付けられるのでよいのですが、時間が経つにつれて収集がつかなくなり、効率は目に見えて落ちていきます。

あるとき、私はそれを直したいと思いました。前の会社の最後の頃です。外部の業者の人と打合せをしていたのですが、その人はある展示会で集めた資料をファイルに収納していて、会議の途中で欲しい情報があるとそのファイルをすっと開き、客である私たちに差し出して見せてくれました。そのファイルの中身は項目ごとに分類されていて、インデックスは見やすいように全てテプラで貼ってありました。私はそのファイルに一目惚れをしたような感覚に陥りました。そこまで綺麗にする必要はないかもしれませんが、でも、その人の仕事の質を垣間見た気がしました。そして、自分もそうありたい、そんな几帳面な自分に戻りたいと思いました。

文房具なんて少々高級なものを買っても金額は知れています。それで気分と仕事の効率が変わるのなら、1万でも2万でも払うべきです。もし、仕事場の身の回りの整理で悩んでいる人がいたら、是非立ち止まってマイ・グッズを買って整理してみて下さい。私は今、自分の会社の机が好きです。仕事も楽しいです。これを読んで下さっている皆様には私みたいな失敗をして欲しくないのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »