« ひとりカラオケ | Main | 河合奈保子 »

February 25, 2006

無心の強さ

今から1か月くらい前、私は友人宅でビデオを見ながらフィギュア談義(そんな単語あるのか!?)をしながら食卓を囲んでいました。ビデオはソルトレーク五輪の女子フィギュアスケート、フリーの演技です。トリノに向けての予習といった意味あいで私たちはそのビデオを見ていたのですが、今回のトリノ五輪女子フィギュアスケートは、またそのビデオを見ているような気がするくらい内容が似ていました。

先日のフィギュア談義では、前回の五輪を踏まえ、トリノでは誰が出てくるのかという話題になりました。私はフィギュア・マニアの友人の夫人に予想を聞かれたのですが、「普通に考えればスルツカヤだと思うが、ソルトレークを見てわかるように、何が起こるかわからない。」と答えました。結局、本番が始まるまで誰が勝つかは思い浮かびませんでしたが、サラ・ヒューズみたいに意外な選手が出てくるのではないかと思っていました。唯一、浮かんだのがサーシャ・コーエンだったのですが、ちょっと違う気がしました。

そして迎えたショート・プログラム。日本人選手の滑走順は安藤、荒川、村主でした。荒川静香選手は、今シーズン、フリーで使用していた「幻想即興曲」を五輪ではショート・プログラムにもってきました。短期間でリ・アレンジして本番の演技にもっていくのは危険も伴う思い切った作戦だったと思います。しかし、限られた時間の中で最高に効率よく仕上げたのでしょう。幻想即興曲が持つ曲の勢いそのままに、見事に滑り切りました。そして、何より安定していました。安藤美姫選手が最初に滑走し、一生懸命演技をしたことも、荒川選手により安心感を与えたのではないでしょうか。この滑走順も、荒川選手を金メダルに導く絶妙な要因のひとつだったのかもしれません。さて、イリーナ・スルツカヤ選手は少し抑え気味のようにも見えましたが、シーズン中とほぼ変わらない演技で、滑り終わった時点で当然のように首位に立ちました。そして、意外だったのが最終滑走のサーシャ・コーエン選手。これがサーシャ・コーエンかと思うほど自信に満ちた堂々とした演技を披露。今までは、技と美しさをもっていながらプレッシャーに弱く、大舞台では自滅してしまう印象が強い選手でした。私は「化けた」と思いました。メダル獲得レースにおける日本人選手のライバルは実質スルツカヤ選手だけだと思っていたのですが、何とそのスルツカヤを抜いてサーシャ・コーエンが1位になりました。

オリンピックでの戦いはプロ野球でいえば日本シリーズに似ています。レギュラー・シーズンでいくら活躍していても、相手に研究され弱点を突かれると全く打てなくなってしまいます。逆に、シーズン中は全く目立たなかった選手が、特定のチームを相手にすると通用する何かを持っていて、大活躍してしまったり。その後者に当たるのがが、今回はサーシャ・コーエンなのでしょうか。

SPを終えて1位、サーシャ・コーエン、2位、イリーナ・スルツカヤ、3位、荒川静香がほぼ横並びの得点で迎えたフリーの演技。最終組の選手が6分間練習へ次々とリンクへ飛び出して行きました。テレビを見ていて気になったのが、サーシャ・コーエンが何度も鼻をかんでいる姿、そしてジャンプの練習で転倒を繰り返している姿でした。素人目で見ても普通の状態でないことは明らかでした。体調を崩してしまったのでしょうか。一方の荒川選手は、特に力が入っている様子もなく、状態は良好といった印象でした。

上位3人で最初の滑走はサーシャ・コーエン。不安を覗かせた6分間練習でしたが、演技へ向かうときもまた鼻をかんでいました。そして演技が始まり、さきほどの不安は間もなく彼女のジャンプに影を落としました。転倒。その姿は、ソルトレークでの転倒とはまた違った、痛々しいものに見えました。SPが良かっただけに、もし怪我や体調不良があったなら本当に気の毒です。結局、その転倒が響いて彼女の得点は伸びませんでした。続いて荒川選手。表情も自然だし、動きにも硬さがありませんでした。3・3のコンビネーション・ジャンプの予定が安全策で3・2にはなったものの、他のジャンプ、スピン、スパイラルはミスなく美しく優雅に演じました。そして、プログラムに入れると予告していた美しい得意技、イナバウアーを後半で魅せ、技術点にはならないものの、審判員に対するダメ押し効果は十分過ぎるくらいでした。結果、技術点、5コンポーネンツ共に高得点をあげて190点超えのパーソナル・ベスト。メダルは確定しました。

この時点で、私はスルツカヤが普通に滑れば金メダルと思っていましたし、病気を克服し、悲願の金メダルまで正にあと一歩のところまで登りつめた彼女に優勝して欲しいと思っていました。しかし、演技が始まると彼女は明らかに硬くなっていました。いつものスルツカヤではありません。そのとき私は「もし失敗したら荒川が勝てる」という気持と、「でも金メダルを獲ってスルツカヤに涙を流して欲しい」という気持が入り乱れ、複雑な心境に陥りました。「失敗して!」「そんなこと考えちゃダメだ!」という心の声を繰り返しているうちに、人間て嫌なものだなと思ったりもしました。そして次の瞬間、信じられない光景を目にしました。スルツカヤがジャンプに失敗して転倒したのです。
 「こんなことがあるのか」
ソルトレークでも失敗はしましたが、そのときは着地のバランスを崩したものの転倒はしませんでした。そのスルツカヤが転倒。私は初めて見ました。それだけでなく、スピード感もないし、安全策ばかりで攻めの姿勢がないプログラム構成。これが五輪のプレッシャーなのでしょうか。転倒した時点で、誰もが荒川静香選手の金メダルを確信したことでしょう。この日の出来なら、転倒していなくても荒川選手が上でした。

スルツカヤ選手には申し訳ありませんが、転倒した瞬間から私は荒川選手の金メダルに興奮していました。そして、最終滑走、スルツカヤ選手の得点が発表され、荒川選手の金メダルは現実のものとなりました。トリノ初のメダルは金メダル。そして、日本、いやアジア女子初のフィギュア金メダル。感激で涙が溢れてきました。荒川静香さん、本当におめでとうございます。そして、ありがとう。

彼女はシーズン中、より得点を稼ぐために試合を重ねながら修正を重ねてきました。その集大成が全日本選手権での素晴らしい演技、そして高得点でした。しかし、それにとどまらず、五輪で美しい演技を魅せるため更なる研究と挑戦を試みて、最後まで果敢に攻めていきました。他の選手も同様に努力していたと思うのですが、荒川選手は打つ手が良かったし、タイミングも良かったし、何より決断の思い切りが素晴らしかったです。己を知り、適切な手段を適切な時期に迷わず打つ。荒川選手が獲得した191.34点の大半は、本番を迎える以前の段階で獲得していたのかもしれませんね。彼女は金メダルなんて信じられないと言っていますが、それは本心だと思います。でも、それに向けた準備は着実に積み重ねてきました。欲という気持に自分が支配されないよう、最高の演技を披露するという目標に向かって一日一日を地道に過ごしてきたのだと思います。私はサラ・ヒューズの金メダルを無欲の強さと書きましたが、荒川選手の金メダルは無心の強さと言いたいと思います。またまたフィギュアスケートでいろいろ勉強させていただきました。

|

« ひとりカラオケ | Main | 河合奈保子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80577/8822924

Listed below are links to weblogs that reference 無心の強さ:

« ひとりカラオケ | Main | 河合奈保子 »