« February 2006 | Main | April 2006 »

March 31, 2006

千鳥ヶ淵の桜

近所の桜が多いとか綺麗とかいっても、ここの桜には圧倒されました。

夜はお堀の両岸がライトアップされますので、幻想的な雰囲気が漂います。見上げると、桜の天空を眺めているようです。

Dscf0017
Dscf0025
Dscf0028
Dscf0029

| | Comments (3) | TrackBack (0)

靖国神社の桜、いや、酒

昨夜は靖国神社で花見酒を楽しみました。 

靖国神社は大学の隣でしたので、行き帰りによく通りました。昨年末から東京の会社に移ったこともあり、今年は靖国神社の桜を見ようと思い、会社の帰りに夜桜見物と洒落込んだわけです。日中は温暖だったのですが、夕方から冷え込みが厳しくなり、ビールなんて飲めないのではないかと心配しましたが、出店の屋台は意外に寒さを感じませんでした。

先日、新橋の炉ばた焼きの店に行ったのですが、そこは東京の会社帰りの人たちが集まる、賑やかでこじんまりした楽しい雰囲気だったのですが、靖国神社の屋台もそれ似た雰囲気がありました。座っているだけで本当に楽しかったです。それに缶ビールが凄く美味しかったです。大したつまみはなかったはずなんですけどね。

Dscf0004_1
Dscf0007

| | Comments (4) | TrackBack (0)

深川の桜・日中編

Dscf0002
Dscf0004
Dscf0006

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猿江恩賜公園の桜

江東区の桜シリーズの第2弾。

場所は錦糸町、西大島、住吉の真ん中あたり。仕事の途中、都立猿江恩賜公園に立ち寄り桜を撮影してみました。みどころは横十間川沿いの桜並木で、川面に向かって枝が一斉に張り出しているため、舗道を歩くとピンク色のアーチに覆われているような感じがします。公園の中側にもたくさん咲いていて、他にも花や木がたくさん植えてありますので、一回りするだけでも楽しい公園です。私は時々ジョギングコースに使っています。

それにしても、こんなに桜の木が多い区も珍しい気がします。私は仕事も区内なのですが、今週は外出するたびにお花見ができてしまうくらい、行く先々では桜が咲き乱れています。

※ 1枚だけ写真にカメラの紐が写ってしまっていますが、せっかく綺麗に撮れたのでそのまま掲載しました。

Dscf0022_1
Dscf0008_1
Dscf0015
Dscf0019

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2006

深川の桜

昨日に引き続き、今日も桜の写真を撮りました。

会社の帰り、同僚と花見がてら東陽町、木場、門前仲町、隅田川、日本橋と約1時間歩きました。深川の桜、永代橋の夜景、佃の高層ビル群の夜景を是非ご覧ください。

Dscf0065
Dscf0070
Dscf0073

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2006

恩田美栄

トリノ五輪の放送で、恩田美栄がゲストで解説をしていました。先月のことです。彼女は12月の全日本選手権で渾身の演技を見せるも、残念ながら五輪代表の座を手にすることはできませんでした。全日本選手権以来、久しぶりにテレビの画面に登場した恩田美栄でしたが、ぎこちないながらも初々しくて、これが彼女の新しい道になるのかなと思いました。

全日本選手権が終わると、彼女は四大陸選手権の出場を辞退し、周囲では引退の噂が囁かれました。そして本人もインターネットの掲示板で「悩んでいる」と自身の心境を明かしていましたので、私も恩田美栄のスケートがもう見れないのかと思って大変寂しい気持になりました。高いジャンプ、豊かな表情。彼女の演技は成功しても失敗しても見ている人を引き付けます。できることなら、来シーズンも彼女のプログラムを見てみたいと思うのですが、フィギュアスケートを続けるには体力、精神力だけでなく資金も必要ですから、アマチュアの選手に素人が注文をつけるわけにはいきません。

ビデオで彼女の演技を見返すたびに「ああ、残念」と思っていたところ、荒川静香が世界選手権を辞退して、代わりに恩田美栄が出るというニュースが飛び込んできました。私は「まさか本人は出ると言わないだろう」と思っていたのですが、ご存知のとおり、恩田美栄は復活したのです。

SP、FPともにテレビで見ました。調整不足のせいか、滑らかさはもうひとつでしたが、それでも高いジャンプは健在だったし、何よりリンクに戻ってきてくれたことが何より嬉しかったです。演技中に笑顔、そして演技後は涙。心の内がそのまま表情に出てしまう、そんなところが彼女の不器用さであり、人間らしい魅力でもあるんですね。

FP後のインタビューで彼女は言いました。「来年は絶対カム・バツクする」。フィギュアスケートは点数の勝負であって、その基準は採点法にありますが、でも、それが全てではないと思うのです。点数が1番や2番になれなくても、観客が観たいという演技や選手があってもいいのではないでしょうか。恩田選手はせっかく引退を思いとどまったわけですから、自分がやりたいスケートを思いっきり楽しんで欲しいと思います。

ちなみに、彼女のSPの衣装は、今シーズン私の中でベスト3に入ります。なので、今度は是非「衣装」記事も書きたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜の季節

3月も終わりに近づき、すっかり陽気も良くなって、いよいよ春です。

今朝は会社まで歩いて通勤してみました。いつもはバスを使っているのですが、少し早く家を出て、春の日差しを浴びながら、桜並木の公園を歩いて約30分の散歩を楽しみました。江東区には親水公園がいくつかあるのですが、自宅から会社までの間には横十間川親水公園があって、そこを抜けていくとほとんど道路を歩かなくて済みます。水路に沿って歩道が続いているのですが、歩道はビルや道路よりも低いところにあるので、大通りを横断する箇所は橋の下をくぐっていきます。そのため、信号に邪魔されることなく、延々と緑道を歩いていけるのです。都心の近くに住んでいて、会社も同じようなところにあるというのに、まるで郊外の休日のような気分を通勤時に味わえるなんて、なんて素晴らしいことなんでしょう。そこを歩いていると日常の感覚が飛んでしまって、方向感覚の良い私でさえどこを歩いているのかわからなくなってしまいます。今週は毎日お花見です。

DSCF0052
DSCF0054

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 19, 2006

ヒナゴンDVD

昨年、映画「ヒナゴン」を紹介する記事を書きましたが、1月にその映画のDVDが発売されました。

井川遥のホームページのグッズコーナーで発売中です。
http://www.haruka-fan.net/
img006

さきほど、特典のメイキングDVDを観たのですが、この映画に対する愛着がさらに深まりました。DVDは発売後すぐに購入したのでもう2か月くらい経過するのですが、今日まであえてメイキングを見るのは避けてきました。以前、記事に書いたとおり、私はこの映画をとても気に入っているので、製作の裏側を見ることによって映画に対する印象が変わってしまうことを避けたかったのです。しかし、先日このDVDを会社の人に貸したところ、その人が「メイキングDVDはよかった」と言っていたので、私も2か月の沈黙を破ってついに鑑賞することにしたのです。

「ヒナゴン」の舞台は広島県庄原市西城町というところなのですが、この映画はこの町の自然や空気、人といった、町そのものでできあがっているんだということを改めて感じました。普通、メイキング映像というと製作の舞台裏を紹介するものだと思うのですが、「ヒナゴン」は町がそのまま映画になったようなものですから、裏も表もありませんでした。「映像は全てロケで撮影されています」とDVD内で紹介されていますが、映画を観ていると自分もその中にいるような感覚になってしまうのはきっとそのためなんですね。メイキング映像では、時間が限られているのに台風等でスケジュールが過密になっていき、疲労の色が濃くなっていくスタッフや出演者の苦労している姿が映し出されていましたが、そうやって「作り込まれた」作品でありながら、完成した作品は「作られた」感がなくて、すごく自然に時間が流れていきます。これは製作に携わった皆さん、ひとりひとりの見事な成果だと思います。町長立候補者の演説会のとき、客席にいた人たちを演じていたのはみんな町民の方だそうですが、野次を飛ばす様子なども本当の演説会を見ているようで、この映画が町そのものでできていることを象徴するシーンのひとつでした。

私は30年近くカープの応援をしているものですから、広島には大変愛着があります。東京から野球の応援に行くこともあるので、広島の雰囲気もよく知っています。そんなこともあって、「ヒナゴン」を観ている時間はノスタルジックな凄く安心した気分になれます。上映も終わり、DVDが発売され、過去の映画とはなってしまいましたが、今年観ても、来年観ても「ヒナゴン」の価値は変わらないと思います。私がここで紹介している映画や音楽は、時代に関係なく人の心に響くものばかりです。もちろん、「ヒナゴン」も同じですので、折りに触れてその魅力を今後も伝えていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2006

河合奈保子2

河合奈保子さんのファンの方からコメントを頂戴いたしました。ありがとうございます。せっかくなので「ベスト・セレクションⅡ」も紹介します。

img002

ⅠとⅡで晩年の作品を除くシングルはコンプリートされていると思いきや、調べてみると「愛をください」「微風(そよかぜ)のメロディー」「北駅のソリチュード」「ジェラス・トレイン」「ラヴェンダー・リップス」「涙のハリウッド」など、収録曲から漏れてしまった曲もたくさんあるのです。河合奈保子ほどメジャーな歌手の曲なら、聴けばほとんどわかるという自信があったのですが、意外に聴き覚えのない曲が多くありました。ベスト・テンに入っていれば大抵聴いているはずなんですが…。

さて、Ⅱは「UNバランス」から始まりますが、Ⅰと比べて全体に演奏の音が軽いことに気が付きます。これは、それまでと編曲者の顔ぶれが変わったことに起因すると思われます。シンセサイザーの音色が華やかな反面、ずしりと響く打楽器の音が影を潜めてしまっています。この頃は機器がまだ未熟だったでしょうから、Ⅰよりもかえって古さが目立ちます。Ⅰは「現在の音楽として聴ける」と紹介しましたが、Ⅱは残念ながらそういう理由で色褪せた感は否めません。このことから、マニュアル・プレイ中心の方が普遍性があるということがわかります。

しかし、彼女の歌はⅠよりも磨きがかかって素晴らしい響きを持っています。特に「十六夜物語」は彼女自身が作曲したということもあって、とても情感がこもって聴き応えがあります。彼女の歌声は透明感があって、空気に溶け込みながら自然に耳に入ってくるので本当に爽やかです。

アルバムは一度も聴いたことがないので、是非、オークションでゲットしてみたいと思います。シングルでいえば「ラブレター」~「けんかをやめて」あたりの時期の作品に興味があります。前にも書きましたが、河合奈保子さんは歌だけではなくて人柄に惹かれるところがありますので(会ったことないけど…)、歌の良さをもっと知ることができましたら、私もこのブログでたくさん記事を書いて彼女を支持していきたいと思います。

| | Comments (9) | TrackBack (1)

March 13, 2006

河合奈保子

先日、久しぶりに河合奈保子の歌が聴きたくなって、CDショップでベスト盤を買ってきました。

「夏のヒロイン」「けんかをやめて」「エスカレーション」など、新曲が出るたびにテレビやラジオのベストテン番組で毎週のように彼女の歌を聴いたものです。それは私が小学3~6年生頃だったと思いますので、もう20年以上も前の話なんですね。彼女のヒット曲を聴くのはリアルタイムで聴いていたその頃以来だと思いますので、CDの音質で聴くのは今回が初めてですし、当時私は小学生でしたから、(一応)大人の感性をもって音楽作品として聴くことも今回が初めてということになります。

1980年代は歌謡曲全盛の時代で、それまでロックやフォークの世界で活躍していた優秀な作家、演奏家が次々に歌謡曲の世界に流入していきました。楽曲そのものだけでなく、アレンジや演奏のクォーリティまでが異常に高いのはそれが理由です。(山下達郎ファンクラブの会報に書かれていた内容を参考に書きました)

最近は歌謡曲というジャンルそのものが存在しませんが、もし存在したとしても、一流のスタジオ・ミュージシャンが生楽器でオケを固めるなんていうことはまずあり得ないでしょう。そういった意味では、80年代に作られた歌謡曲で、特に人気歌手の作品というのは優秀なバックに支えられ、音楽的なこだわりがたくさん詰まっていますから、現在の音楽として現在に聴いても全く遜色のないものばかりなのです。

中には凝った演奏に下手なボーカルというアンバランスな作品も少なくないですが、河合奈保子の場合は声量がちゃんと出ていて安定もしているので気持よく聴けます。今回買ったCDは「ベスト・セレクション」(日本コロンビア \1,835)というアルバムで、シングルのA面を12曲集めたものです。有名な曲はだいたいコンプリートしていますので、興味のある方にはお薦めです。

私が最もカッコいいと思ったのは「ラブレター」です。勢いのあるリズムに、金管楽器が要所で華やかな彩を添えて、パーカッションの軽快な響き、締めのギター・ソロなど、聴いていて楽しくて幸せな気分になります。トロピカルな雰囲気の「夏のヒロイン」もそれに近い編成で、「ラブレター」よりもさらに音たちが楽しそうです。演奏者が書いていないのですが、パーカッションは斉藤ノブか浜口茂外也あたりが参加しているのではないでしょうか。「けんかをやめて」のドラムはネットで調べたら村上ポンタだそうですが、この曲だけドラムの音の抜けが桁外れに良いのです(素人でも一目瞭然に良い音だとわかります)。

こんな贅沢なサウンドを、小学生だった私は何も知らずただの歌謡曲として聴いていたわけです。「8時だよ全員集合」の番組中の音楽は全て生演奏でしたが、それが象徴するように、私たちの世代というのはそういう生音を聴いて育ってきました。あの頃、テレビもラジオもレコードも、楽しい音で溢れていました。そうやって磨かれた感性があるからこそ、今、大人になってその良さが改めて分かるのです。それは幸せなことですね。コンピュータとは違う、人間が演奏する揺らぎみたいなものを、メディアを通してもっと今の子供たちにも伝えて欲しいものです。

河合奈保子さんは今、活動しているのでしょうか。今回CDを聴いてみて、彼女の歌声やそれを盛り立てるスタジオ・ミュージシャンの熱のこもった演奏から、河合奈保子の人柄の良さが伺えますね。みんな楽しそうです。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

« February 2006 | Main | April 2006 »