« September 2006 | Main | November 2006 »

October 24, 2006

京都

京都で撮った写真を掲載します。

Dscf0072
<時代祭り>

Dscf0069
<火祭り前夜の鞍馬>

Dscf0068
<比叡山から琵琶湖を臨む>

Dscf0067
<河原町で鴨川を望む>

| | Comments (7) | TrackBack (0)

実相院

京都には大きくて有名なお寺がたくさんありますが、そういうところよりも、何気なく寄った小さなお寺の方が印象に深く残るということもあります。今日はそんなお寺のお話です。

今回の京の旅では、比叡山、鞍馬方面を回ったのですが、どうしても実相院に行ってみたくて、鞍馬へ行く途中に回り道をして寄ってきました。このお寺を知ったのは、旅行へ行く前の週に見た日本テレビ「京都・心の都へ」で実相院が取り上げられたからです。庭園に趣があって、その落ち着いた佇まいに惹かれたのですが、私が買った京都・奈良のガイドブックには載っていませんでした。京都に住む私の元上司も実相院を知らなかったので、知名度はそれほど高くないようです。

実相院は叡山電鉄岩倉駅から徒歩10分少々。市の中心から見ると北の外れの方にあります。お寺は決して大きくありませんが、中に入るとその奥には日本庭園があり、縁側に座って、時間を忘れ、ゆっくり鑑賞することができます。また、部屋を挟んでその逆側には石庭もあり、こじんまりした建物ながら、随所に見所が凝縮されています。しかし、何といっても見事だったのは、部屋の黒床に庭のもみじの緑が映る「床みどり」です。部屋の外に見えるもみじの緑の美しさもさることながら、磨かれた木の床に写し出された緑色の何ともいえないこと。紅葉の時期にはこれが赤く染まり「床もみじ」となるそうで、季節によるこの対称は、いかにも日本的な、日本でしか成しえない素晴らしさではありませんか。

この実相院、重要文化財の指定などを受けていないため、維持管理の財源は拝観料のみなんだそうです。それだけでは痛んだ箇所の改修もできないということで、一口3,000円で寄附を受け付けていました。寄附をすると床みどりと床もみじの写真が貰えるので、私は一口寄附してきました。本当に素晴らしいお寺ですので、もし寄附にご賛同いただける方は、私からもお願い申し上げます。

公式ホームページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2006

大和路

先週末、奈良と京都を訪れました。

前の会社の上司が転勤で京都へ行って以来、毎年のように遊びに行っています。もちろん、その上司を慕って会いに行っているというのもあるのですが、幼少期を過ごした場所を訪れたいという気持も重なって、毎年足が西へ向かってしまうのです。

昨年、仕事のことで行き詰まりを感じていた中、奈良の長谷寺を訪れてお参りしたところ、緊張がほぐれてとても楽な気持になりました。それから運気が変わり、資格を取ったり会社を移ったりして、自分にとってより良い環境を手に入れることができました。もちろん、自分の頑張りもありましたが、そんなきっかけを与えてくれたお寺にお礼参りがしたくて、1年ぶりに長谷寺にやってきました。

新幹線と近鉄特急を乗り継いで東京から約4時間、長谷寺駅の改札を出ると、1年前と同じ空気に包まれたような気がしました。私は0歳から7歳までの間を奈良県生駒市で過ごしました。毎日、田んぼや小川で遊び、生駒山を見て育ったのです。うまく表現できないのですが、そんな私が感じる奈良の空気っていうのがあるのです。長谷寺は生駒からはだいぶ離れているし、幼少期に長谷寺に来た記憶もないのですが、それでも生駒と同じ奈良の空気というものを感じました。この私を育ててくれた空気です。

私は本堂でお礼参りをすると、古いお守りをお寺に返して、新しいお守りを買いました。そして、牡丹の献木をするための寄附をして、お寺をあとにしました(献木はお寺で一口1,000円で受付しています)。

長谷寺駅は各駅停車しか止まらないので、電車の本数は1時間に数本です。駅前ではタクシーが何台か待っていますが、お店は全くなくて、とても物静かです。長谷寺駅で電車を降りたのも私ひとりだけ。長谷寺というお寺の規模からすると、そこへ向かう最寄の駅にしてはあまりにも素朴です。
Dscf0056
<長谷寺駅>

駅からお寺の総門までは徒歩15分くらい。山の方向に向かっていくので、道はゆるやかに上りです。霊感は全くない私なので山に宿る霊に反応するわけではないのでしょうが、何となくここに来ると「気」を感じます。緑豊かなので、きっとマイナスイオンでも感じているのでしょう。

Dscf0055
<小川にかかる橋の上から本堂を見上げる>

このあと、奈良公園、東大寺、春日大社を回り、JR線で王寺へ移動。さらに近鉄生駒線に乗り、生駒へと辿りつきました。もう薄暗い夕方でしたが、ケーブルカーの線路に沿って照明が白く光る生駒山は、幼少の頃に見たそれと変わらず、大人へと成長した私を穏やかに見守ってくれているようでした。

奈良というところは、京都ほど人は多くないし、派手じゃないし、静かで地味なところです(路上にシカが平気で歩いているくらいですからね)。そんなところが自分にも似ている気がして、この地にくると心の故郷に帰ってきたような気になります。この先、奈良に住むことはもうないでしょうから、そう思うと、幼少の頃の自分が羨ましく思えます。そんな郷愁を抱きながらも、東京に帰ってくると一番ほっとするので、やっぱり自分は東京生まれなんだと改めて思ってしまいます。

Dscf0060
<シカせんべいをあげたシカちゃんたち>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2006

人間ドック その1 1次検査編

昨日、初めて日帰り人間ドッグに行きました。

日帰りといっても丸一日かかるわけではなく半日程度ですから、会社の健康診断の「丁寧版」といった感じでした。でも、ひと通り主要な検査はしてもらえたのではないかと思います。この検査の費用は約38,000円ですが、35歳以上はそのうちの30,000円を健康保険組合が負担してくれます。私は8月に35歳になったので、早速申し込んで受診したわけなのです。

初めてということもあって、もっていく書類や集合時間等は1週間前から何回も確認していました。しかし、前日の晩になって初めて気が付いたことがありました。なんと、便の採取は2回するようにと書かれていたのです。検便といえば当日の朝と勝手に思っていたのですが、検査日の数日前から検査当日の間に2回採取しなければならず、採取する用具もちゃんと2つ入っていました。仕方がないので、検査前夜と翌朝の2回分を採取したのですが、前の日の晩は軽くそばしか食べていなかったので、翌朝は採取に大変苦労してしまいました。

検査を受けたのは新宿区の某公立病院です。受付に行って受診案内に書いてあった必要書類を全て提出すると、「利用券を出して下さい」と言われました。「利用券?」と私は首をかしげたのですが、そんなものは家に届いていないし会社でも貰っていません。幸い、申込書のコピーをもっていたのでそれで解決はしたのですが、健保組合か会社の総務が券を私に渡さなかったようです。いやー、用意周到に越したことはないですね。もし申込書のコピーがなかったら、最悪、受診できてなかったですよ。これは1週間前から準備していたことの賜物だ。

この日、私は気分が優れませんでした。前日の夕食の時間が早かった上に量が軽かったので、空腹で仕方がなかったのです。しかも、お腹が空いてほとんど眠れなかったのです。そのせいか、血圧が140を越えてしまい再測定に。普段は130くらいなのですが、この日は2回目がさらに上がって150。「おいおい、余計に上がってるじゃないか」と思って再々測定をしたら次もまた上がって160。担当の人に「もっと減量すればいくらか下がりますよ」と言われてしまいました。

そんなこともありつつ、検査は約3時間で終了。一度、診てもらった方が良さそうなことがあれば、その科の担当医への紹介状も書いてくれて、フォロー体制も良いと思いました。また、受診中の案内スタッフも丁寧で親切でした。それから、食堂の利用券1,000円分のお土産もついてました。結果が届くのは約2週間後なので、問題がないことを祈りたいと思います。

今回、私が人間ドッグへ行ったのは、王監督が入院したニュースを見て「あんな元気そうな人が…」とショックを受けたことがきっかけでした。病気には早目の対処が有効だと思うので、これからは会社の健康診断とは別に人間ドッグも続けようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2006

新しい家族

昨日、実家に新しい家族ができました。ネコです。

亀戸のペットショップで買ったアメリカンショートヘアなんですが、最近は買いに行く前にその店に在籍している動物をインターネットで見れるのです。私は動物との出会いも運命的でありたいと思うので、インターネットで結ばれてしまうというシステマティックな出会いは何だか味気ない気がしました。でも、よく考えてみると、ある店に行って気に入った動物がいなければ次の店に行ってまた探すわけだし、インターネットはその効率を上げているだけですから、それを活用してペットを選ぶことが味気ないといってしまうと、それも違うと思うようになりました。

何はともあれ、また新しいお友達ができて私はとても嬉しいのです。仔猫なので家の中を元気に走り回っていましたが、それから疲れてしまったみたいで、抱っこしてあげたらそのまま何時間も眠ってしまったので、私も一緒に寝ました。仔猫は体温が高いのか、とても温かかったです。自分の家でもネコを飼いたくなりました。

Dscf0048_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

円覚寺

先日、鎌倉の欧林洞という喫茶室でダンス☆マンのライブがあったので行ってきました。ライブは17時30分開演だったのですが、ちょっと早めに家を出て円覚寺に寄りました。今日はライブではなく円覚寺のお話です。

錦糸町から横須賀線のグリーン車に乗り約1時間、北鎌倉駅で電車を降り改札を出ると、そこはもう円覚寺の総門です。門を抜けて階段を上がると、入口で300円を払って中に入りました。時刻は16時過ぎ、境内では白い焚き火の煙が舞い、それを夕陽が優しく照らしていました。奥に広がる木造の建築物、それらを囲う山々が厳かな雰囲気を作り出していました。一歩ずつ足を進めていくと、次第に安らいだ気分になっていきました。何だか、このお寺全体が自分に力を与えてくれているような気もします。約1時間くらいで中をひと回りしましたが、最も印象に残ったのは薬師如来像です。安らいだ表情、ふくよかな掌を見ていると、いつまでもその前に立っていたい気持になりました。

円覚寺をあとにすると、私はライブ会場の欧林洞に向かいました。ライブへ行くために鎌倉にきたのですが、円覚寺に寄ったことの方がメインになってしまいました。

Dscf0040
Dscf0043_1
Dscf0044_1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 02, 2006

バスの日イベントと佃

9月30日、晴海ふ頭で都営バスのイベントが開催されました。

車両の展示やグッズの販売などが行われましたが、昨年に比べて人がやたら多かったので驚きました。昨年は昼前に行ったのですが、交通局のグッズ売り場は並ばずにすぐ買い物ができました。しかし、今年は長蛇の列ができていて、30分近く待たないとバスカの1枚も買えない状況でした。今回は「みんくるサンダル」ゲットを目的に行ったのですが、4つしかなくて抽選販売で、しかも買い方がよくわからなかったので早々に引き上げました。それでも5,000円分くらいの買い物をして、先日発売されたスケバン刑事のバスカもゲットしました。

Dscf0036

この日はバスで行ったのですが、錦28、錦13甲、東12、門33、都07、亀23と6種類の系統を駆使して家と晴海を往復しました。私は定期券をもっているので、23区内はどれでも乗れてしまうのです。これは電車とは違う利点ですが、電車より時間がかかるので1日乗っていると飽きたり疲れたりすることもあります。

さて、帰り道に私は佃に寄りました。そう、佃煮の佃です。ここは銀座や東京駅が近く、交通の利便性が良いことから最近は高層のマンションが次々に建ち、開発が進んでいる地域です。しかしながら、昔ながらの木造住宅の家並みや、佃煮やもんじゃ焼きといった下町風情を感じさせる食文化も残存していて、意外にのどかな一角です。私はたまに仕事で近くを通ったり訪れたりするので、そんなときは隅田川沿いの佃煮屋に寄って買い物をします。お店は3件くらいあるのですが、多分、どの店もそこで製造しているのだと思います。私は佃煮が好きなのでスーパーなどでも買いますが、やっぱり佃で作っている佃煮はそれよりひと味もふた味も美味で、色艶も素晴らしいです。どの魚もだいたい100グラム500円前後ですから、いつも1,000円で2種類買って帰ります。この佃煮で食べるご飯は最高です。今週は外食しないで自炊したいと思います。

Dscf0037_1
<高層マンション群と共存する町の様子>

Dscf0038
<隅田川沿いの佃煮屋さん>

Dscf0039_1
<隅田川にかかる佃大橋>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2006

動物慰霊祭

今日、市川市斎場で行われた動物慰霊祭に行ってきました。

この慰霊祭は年に一度行われるのですが、たまたま実家の愛猫が前の週に亡くなったので、私にとってはこの慰霊祭がネコのお葬式となりました。初めてなので形式を知らなかったのですが、想像していた以上に立派な式典でした。会場に着くと受付があって、そこで自分の名前やペットの名前を書き、お金を支払います。会場に入ると立派な祭壇があって、100人くらいの来場者が慰霊に訪れていました。式典は冒頭に清掃局の方等の簡単な挨拶があり、そのあとはお経が読まれ、同時に参加者が順に焼香をするという段取りで行われました。お経では私の名前と我が家の愛猫の名前も読まれたのですが、今日は私ひとりで行ったので受付で自分の名前を書いたので、その名前がそのまま読まれたのです。でも、実際の飼い主は親なので、そこは親の名前にするべきでした。読まれると分かっていたらそうしたのですが、その点は失敗でした。

焼香を済ませると慰霊碑に行って、もっていった花を供えました。市川市によって火葬されたペットの骨はここに合同埋葬されるのですが、うちの子は新入りですから、慰霊祭の日に誰もこないんじゃ寂しがると思って私が参列しました。本当は母に一番きてもらいたかったと思うのですが、あいにく仕事でこれなかったので、別の日に改めてきてもらおうと思います。

わが家のネコは慰霊祭の直前に逝ってしまったわけなんですが、私たちに早く気持の区切りをつけさせてくれるためにそういう時期を選んだのかもしれません。この日、式典の挨拶に立った人も言ってましたが、亡くなったペット自身はいつまでも悲しまれることは望んでいないんですよね。

ひとまず、私ができる供養は全てしてあげられたかと思います。もしまた機会があったら、次の世代のネコを可愛がってあげたいです。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »