« February 2007 | Main | April 2007 »

March 25, 2007

ミキティにもらい泣き

安藤美姫選手、世界選手権優勝おめでとうございます!!

SPが終わった時点では、キム・ヨナがそのまま逃げ切ると思っていたのですが、そうならないのがフィギュア・スケートの怖いところです。以前、ソルトレーク五輪のサラ・ヒューズについてと、トリノ五輪の荒川静香についてを取り上げ、欲がない方が勝つということを書きましたが、今回も同じことがいえるのではないでしょうか。

今大会の安藤美姫選手の演技を見ると、大技よりもひとつひとつの技のレベルを上げることに磨きをかけてきたことがよくわかりますし、昨日はその集大成だったと思います。その辺はモロゾフコーチの指導によるものなのでしょうが、演技も周囲の状況(ライバルが転倒したりとか…)も荒川静香が金メダルを取ったときと非常によく似ていると思いました。丁寧に、そして確実に自分の演技をすることに集中していたからこそ、周囲に精神を乱されることがなかったのでしょう。派手さよりも地道さを選択した4回転封印は大正解でした。キム・ヨナは体調が万全でなかったこともあるでしょうが、やはりプレッシャーに負けた部分が大きかったと思います。浅田真央もFPは世界最高得点を叩き出したものの、SPの失敗が響いて2位でした。キム、浅田両選手は前評判が高かったこともあり、当然ながら金メダルを意識しての大会だったと思います。安藤選手はそれよりも自分の演技に集中していた、というより、集中できる訓練ができていたということでしょう。SP2位、FP2位で、派手さはないけど、安定した力を発揮した選手が優勝を手にしたことは、見ている人にも勇気を与えたと思います。地道に結果を積み上げた方が、最後は評価されるんだということを私も肝に命じて生きていきたいと思います。

昨シーズン、転倒を繰り返して悲壮感漂う表情で滑っていた姿を何度も見ましたから、それを思うと、昨日の優勝が決まった瞬間は私もめちゃめちゃ嬉しかったです。4回転も機会があったら公式戦で見せて欲しいですね。

さて、今シーズン、私はフィギュアスケートを見るのを結構さぼっていたので、キム・ヨナはまだよく見たことがなかったのですが、彼女のスケートは実に綺麗ですね。動きは軽々しいのですが、だからといって安っぽい感じではなく、気品に溢れているのです。サラ・ヒューズの清涼感とミシェル・クワンの完璧さを足して2で割ったような感じといったら褒めすぎでしょうか。末恐ろしい選手が出現したものです。

今回、地上波は録画していなかったので、BSで再放送したら録画しようと思ったのですが、調べた限りではフジ系各チャンネルでの再放送は予定がないですね。4月にJスポーツで放送されますから、見逃した方はそちらを見ましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ野球2007

東京ドームで行われたオープン戦「巨人×広島」を見てきました。先週の「巨人×楽天」に続き、早くも今季2試合目の観戦です。

パ・リーグが公式戦を戦っている傍ら、セ・リーグはオープン戦をやっているっていうのは何だかおかしな話です。同じプロ野球なんだから、足並みは揃えられないんでしょうか。

さて、今日はサード後方あたりの3階席から見ていましたが、広島の先発、大竹は遠目で見ていても球威、切れ共に大変良かったです。たまに四球を出すのが気になるところで、3回の1失点は失策絡みとはいえ四球で走者を出したところから始まったのでした。昨年までは調子が良くても途中で自滅することが多かったので、今季はそういった悪い面がなくなることを期待します。

2番手のフェルナンデスは掴みどころがない出来でした。先頭打者こそ打ち取ったものの、1四球と2安打、パスボールで1失点。しかし、失点後は2三振を奪い後続を断ちました。ナックルが売りの変化球投手ということで、キャッチャーが捕球しずらそうなのが気になりました。緊迫した場面を迎えた際はちょっと怖いかも。

7回のブラウン監督の継投策は実践モードでした。ルーキーの宮崎を登板させたものの、1死満塁のピンチを迎え(しかも1死は送りバント)、そこで交代。オープン戦ですし、ルーキーの出来を見るとか、ピンチに慣れさせるとかいう意味で続投かと思いましたが、ワン・ポイントで左の河内を投入。宮崎はピンチを招いただけで降板したので、精神面の影響が気になりますが、バトンを受けた河内は期待に応え4番の李を三振に。そして、そのあとは林に繋いで見事にこの回を無失点で切り抜けました。昨年に続いて河内は安定していて期待できそうです。達川監督時代に苫米地と共に先発の一角を担う投手として入団しましたが、故障もあってなかなか思うように活躍できませんでした。中継ぎという新しい活躍場所を見つけて花が開きそうですね。

巨人はキャンプ中にあんまり話題が聞こえてきませんでしたが、今日、見た印象だと投手陣はなかなか手強いです。先発の高橋尚は無失点でまずまずだったし、福田は球が速かったですからよいときの状態に戻ってます。会田はタイミングを取るのが難しそうでしたし、真田、林も安定していました。巨人が2-0でリードしていましたから、最後は豊田かと思ったのですが、林を出してきたということは豊田とのWストッパー構想でしょうか。

昨日に続き巨人が勝利を収め、巨人は開幕直前シリーズを良い形で締めくくりました。一方の広島はオープン戦は好調でしたが、最後は連敗で締める形になってしまいました。でも照準はあくまでも1週間後、昨日、今日の結果は気にしないことにしましょう。前田が開幕に間に合わないということで、3番緒方の新打線でしたが、今日に関していえば、相手投手が良かったこともありますが、全体的にバットは湿りがちでした。

パ・リーグも面白いですね。昨日のズレータの同点満塁弾「幕張ファイヤー」はしびれましたし、ロッテと日ハムは連日の引き分けでがっぷり四つ。ソフトバンクが頭ひとつ抜けているという前評判の中、この両チームは譲らまいと本気ですよ。そして、そのソフトバンクに噛みついたのが圧倒的に下馬評の低いオリックス。斉藤がいまいちだったとはいえ、敵地でよく頑張りました。

自分の公式戦開幕日は未定ですが、今年も10試合以上は見に行きたいですね。できれば地方にも遠征して…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2007

スカイライン試乗

今日、新型スカイラインを試乗してきました。

250GTという2500ccの車で、現在乗っているセフィーロに比べると室内はタイトですが、各席とも十分にくつろげる印象でした。後部座席にもリクライニング機能があって、シートの背もたれの角度を調節できるので、同乗者に優しい機能だと思いました。

ハンドル、アクセル共に反応が良く、自分のフィーリングが即座に、そして細やかに車に伝わる気がしました。アクセルを踏み込むと、ぐっと背中を押されるような感覚があって、心地良いエンジン音が響きます。久しぶりにドライビングの楽しさを思い出した気がしました。セフィーロは何となく運転していても車が勝手に安定した走行をしてくれたので、最近は楽な運転ばかりしていたような気がします。セフィーロに乗り始めた頃は、楽で静かだったのでよく眠くなったものです(マジで)。同乗者も必ずといっていいほどバタバタと死んだように眠ってましたから。

慣れない車だったので、計器類にはあまり目がいきませんでしたが、多分、見やすいのだと思います。カーナビはHDDでしたが、絵が綺麗でとても好印象でした。画面が車内の他の機能(エアコン等)と共通なので、値段は高いけどナビは絶対純正がいいと思います。

次の車はスカイラインが最有力ですね。間違ってもティアナにはいかないと思います。お金の用意やオプション類の選定など、1か月くらいは悩みたいと思います。って、本当に買うのか!?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2007

ETC

昨日、車にETC装置を取付しました。

本当は首都高速のキャンペーンを利用しようと思ったのですが、結局、ディーラーでまともにお金を払ってつけてもらいました。首都高速のキャンペーンというのは、機器代と取付費が5,800円で、さらに8,000円分の通行料金が無料になるというもので、会社の人に教えてもらいました。つまり、差し引きすればETC導入はタダといことですね。

私がこれを利用しなかった理由というのは、OMCカードを作らなければいけなかったからです。ETCを利用するにはカードを作らなければならないのですが、どれも提携カードになっていて、高速道路以外でも、買い物等に利用できるわけです。このキャンペーンの場合は、その提携カードがOMCに指定されていて、私はOMCカードを作りたくなかったのでやめたのでした。私はダイエーがあまり好きではないので、OMCに用はないんですよね。もしこれがセゾンカードだったら加入したかもしれませんが。あと、セキュリティ上、カードは必要以上に持たない方がよいと思いますので、私は、現在保有しているカードをETC兼用カードに変更することで対応することにしました。私の場合は日産カードというのを持っていたので、それをETC対応のカードに変更しました。

ディーラーでは今さらETCのキャンペーンなんてやっていませんし、純正品を買うことになるので高くつくことにはなってしまいますが、配線が見えないよう綺麗に取付してくれましたし、100%ディーラーメンテナンスという主義も崩さずに済みました。ちなみに費用は20,000円でした。

機械はついたのですが、カードがきていないので未だ使えません。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

次の車

車を買い替えるタイミングを考えています。

現在、私が乗っている車はニッサンセフィーロ25エクシモという車種で、先頭ページの左上の写真(買ったばかりの頃に撮影)がそれです。半年前に3回目の車検を通しましたので、購入してから7年以上が経過しています。現在の車は速い、静か、広いという理由で選んだのですが、今でも気に入っているので前回の車検も迷わず通しました。車検も3回目となるといろいろと手を入れる箇所が多くて、末永く乗るためのオーバーホールと思って18万円を注ぎ込みました(昨年は他にもタイヤを交換しました)。ちなみに、私は少々高いお金を払っても車のメンテは全てディーラーに出す主義です。

しかし、車検から帰ってきた頃から、時々エンジンの異常ランプが点灯するようになりました。ディーラーでコンピュータによる診断をしてもらったところ、エンジンの点火コイルを交換する必要があるらしく、見積は何と約8万円。タイヤと車検に大金を注ぎ込んで間もないのに、さらなる負担が襲ってきたのです。修理に出すかどうかは決めかねていますが、異常時には振動が大きくなったり燃費が悪くなったりするみたいです。維持管理費の観点からすれば、昨年の車検前に買い替えるのがベストだったと思いますが、別に欲しい車もなかったし、お金もなかったので、私自身にとっては買い換えるタイミングではなかったのです。

昨年末、新型のスカイラインが発売されました。「もう少し早く、車検前に出てくれていれば…」と思わなくもないのですが、いずれにしても昨年に買い換えるのは財布が許してくれなかったでしょう。でも、今の車を修理をせず半年維持できれば、秋頃にスカイラインに乗り換えてもよいと少し思っています。そんな気持から、今日は夜勤明けだったのですが、帰りに銀座の日産ギャラリーでスカイラインを見てきました。
200703191112000
スカイラインを買うとしたら2500ccにすると思いますが、展示車は3500ccでした。運転席、助手席、後部座席にそれぞれ座ってみましたが、セフィーロに乗っている私からすると、圧迫感が気になりますね。狭いというか窮屈な感は否めません。運転席では幅が窮屈に感じ、後部では前席との間隔が狭いので足が窮屈です。5人乗るとかなり狭苦しい感じがしました(室内寸法はグレードにより異なるようです)。私が乗った感じでは、助手席が一番快適でした。でも、この車は居住性ではなく、走りが売りだと思いますので、是非、一度試乗してみたいと思います。

続いて、ティアナに乗ってみました。スカイラインのあとに乗ると、落ち着いた質感に包まれてもの凄くリラックスした気持になりました。セフィーロの後継車であるこの車は、先代よりも居住空間の質感に力を入れた印象です。先代のデザインは流線中心でしたが、それに比べるとティアナはインテリア、エクステリア共に直線的でシャープな感じがします。エンジンは2WDで2300cc、3500ccがありますが、3500ccに乗る人だったらティアナはあまり選ばないでしょうから、需要は2300ccがほとんどでしょう。私が車に乗るのは江東区、中央区がほとんどなのですが、ティアナはよく走ってますね。不思議なのは、シーマのように大きく見えることもあれば、シルフィのようにコンパクトに見えることもあるのです。セフィーロとどっが魅力があるかと聞かれたら、セフィーロでしょうね。運転していないからわからないですけど、2500のセフィーロほど機敏に走ってくれなさそうですし、カタログ上の燃費も2300のティアナが2500のセフィーロに負けてるんですよね。ガソリンもレギュラーだし…。
200703191113000

余談ですが、車に性別はありませんが、セフィーロは女性的な印象があります。線が柔らかいですし、運転席なんかも女性が運転しやすいように配慮されています。一方のティアナは男性的で年齢も上な感じがしますね。以前、セフィーロの次はセドリックがいいと思っていたのですが(買えるかどうかは別として)、セドリックも(大人な)女性的な車に思えます。つまり、私はそういう車が好きなんでしょうね。

まあ、スカイラインと比較したら自分にはティアナの方が合っていそうですが、ティアナは少し年齢層が高い気がします。両方を足して2で割ったような車は出ないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2007

札幌の風景

週末、札幌へ行ってきました。

札幌は1996年以来、北海道は1999年以来なので、久しぶりに北の大地を訪れたわけですが、冬は初めてで、飛行機で行ったのも今回が初めてでした。

羽田を離陸した飛行機は、本州内陸を北へ向かって北上していったのですが、東北の山脈あたりでもあまり雪が積もっていなくて、暖冬の影響を上空から目の当たりにしました。北海道まできてもその様子はあまり変わらず、もちろん雪はあるのですが、その量の少なさは想像以上でした。せっかくの冬の北海道なので、例え歩くのが大変でもその厳しい気候を体で感じて帰りたかったのですが、今回はそれは果たせませんでした。

初日、まずは昼食を食べに小樽へ向かいました。私の友人がどうしても「鳥の半身揚げ」を食べさせたいというので、駅から徒歩5~10分くらいの「なると」という店に入りました。その定食は1,000円なんですが、そのボリュームの凄いこと。皮がパリパリで美味しかったのですが、夕食が食べれなくなりました。私は先週から食事制限に取り組んでいて、脂肪が減ってきたことを実感しかけていたのですが、一気に戻した感じが…。普通の女性だと完食は難しいと思います。
200703021402000

札幌の町の様子を写真で紹介します。1枚目は西四丁目という市電の発着駅です。札幌に市電が走っているとは知りませんでした。随分と細い幅の車輌です。ご覧の通り、大通りではほとんど雪が目立ちません。
Dscf0332

続いて札幌駅。こちらも同様です。
Dscf0336

街角には随所にすべり止砂というのがありました。
Dscf0335

2日目は登別へ行きました。登別までは特急で1時間くらいなのですが、特急がくるまでに1時間以上も空いてしまったので、それまでの時間を利用して郊外の風景を見に行きました。写真は学園都市線の百合が原駅です。札幌の中心部に比べると雪はたくさん残っていました。
Dscf0344

学園都市線もそうでしたが、登別へ行く特急(スーパー北斗)もディーゼル車輌がやってきました。非電化の路線が多いんですね。ディーゼル車輌は音や振動がありますが、パワフルな感じがしますし味があります。

登別温泉は駅からバスで15分くらいのところにあります。バスは待ち時間なくすぐに乗れたので、おそらく電車の発着時間に合わせて運行されているのでしょう。温泉に着くと、まずは「地獄谷」という箱根の大涌谷のようなところへ行きました(歩いてすぐ)。雪の白さと温泉の湯気が相成って、なかなか見応えのある景色でした。続いて、目的の日帰り温泉を探しに観光案内所を訪れました。すると、そこには日帰り温泉の一覧表が用意されていて、予算と目的に合った温泉をひと目で見つけることができました(目に付いたところに飛び込まなくてよかった!)。私は登別グランドホテルの日帰り入浴を利用することに決めました。料金は1,000円で、大きくて綺麗でしたし、露天風呂にサウナもあったのでとても満足でした。ちなみに温泉は塩、硫黄、鉄があり、源泉からそのまま引いていると書かれていました。
Dscf0358

登別の駅舎内には熊のはく製がありました。熊って随分大きいんですね。こんなのに襲われたらひとたまりもないと思いました…。
Dscf0365

駅にはLCD案内板があり、駅そのものは素朴ながら充実した設備です。
Dscf0362

この日はすすきので明け方まで飲んで、次の日の昼に東京に帰ってきました。札幌は夜で0度前後でして、セーターの上にコートを着ていれば寒がらずに外を歩けました。顔が冷たく感じるのですが、適度に肌が引き締まって心地よかったです。東京に帰ってきたときは暑かったですね。帰ってきたときの気温は確か15度で、北海道に比べるとかなり緩い空気で春の到来を感じました。

札幌の街は大きくて、人が大変多かったので驚きました。JR線の電車はたくさんくるし、地下鉄も3線ある充実ぶりです。北海道の中では平野部が一番広いからこれだけ開けたんですかね。今回は札幌という街を少し知った程度だったので、次に行くときはもっと効率的に過ごしたいと思います。それにしても暖冬が気になります。地球温暖化の進行は「やばいなー」と思ってしまいますね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »