« 神宮神田 | Main | 浜参宮 »

April 23, 2007

内宮

神田探しに歩きつかれ、昼食を取ろうと思ったのですが五十鈴川の駅周辺に店はほとんどありませんでした。ローカルな雰囲気が長谷寺駅に似ている気がしました。食事をするなら内宮へ行ってからの方が良さそうです。

もう16時でした。おかげ横丁でシューマイ串を1本食べると、早速、宇治橋を渡りました。

Dscf0566
宇治橋

一の鳥居を抜けて、右手に降りていくと、五十鈴川御手洗場があります。参拝の前に心身を清める場所だそうですが、川へ向かって歩いていくと、そこは美しい木々に囲まれた清流でした。さらに近づいてみると、川岸のそばに大きめな石があって、そのまわりの水流の変化が、川の流れの心地よい音を作り出していました。川岸を彩るもみじの緑がとても鮮やかで、木の良い匂いもしてきます。私はそこに座り込み、しばらく水の流れを眺めていたのですが、五感が洗われるような、気持ちの良い、不思議な気分になりました。左手の上流はいにしえに通じていて、このゆったりとした水の流れは、実は時の流れなのではないか、そんなことを思ったりもしました。この五十鈴川は、時はゆっくり流れているから「あせるな」と言っているようにも思えるし、時は絶えず流れているから「無駄にするな」と言っているようにも思えます。私は、何時間でもここにいれそうでした。今回の参宮で一番印象に残った「日本人の心のふるさと」です。

Dscf0568
Dscf0571
Dscf0594
五十鈴川

Dscf0579
御正宮

Dscf0581
Dscf0584
式年遷宮御敷地

今回、私が宿泊したのは厚生年金の保養施設、ウェルサンピア伊勢です。宇治山田駅から送迎バスが出ていますので、私は内宮から宇治山田へ向かいました。宇治山田駅は登録有形文化財に登録されている名建築で、近鉄の前身である参宮急行電鉄線のターミナル駅として1931年に開業しました。

Dscf0597
Dscf0601
宇治山田駅

Dscf0604
ウェルサンピア伊勢

ウェルサンピア伊勢は、大浴場もありなかなか快適に過ごすことができる宿でした。他の厚生年金施設と基本的には同じ設備、サービスだと思います。1泊2食付きで9,000円のプランを選びましたが(料理のグレードでもっと高いプランもある)、十分に満足できる内容でした。駅からかなり遠いので、電車できた人は送迎バスを利用しないと、とても歩けません。翌朝、目が覚めると外ではうぐいすが鳴いていました。自然に囲まれていて落ち着いた環境の施設でした。

Next 浜参宮

|

« 神宮神田 | Main | 浜参宮 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80577/14816950

Listed below are links to weblogs that reference 内宮:

« 神宮神田 | Main | 浜参宮 »