« April 2007 | Main | June 2007 »

May 29, 2007

湯島天神

確か、前に来たのは15年くらい前だったでしょうか。今日は湯島天神に寄ってみました。

どうも、建物の向きとか位置が、自分の記憶と違う気がしました。気のせいなのか、建て替え工事でもあったのか、よくわかりません。

7月に試験を受けるのでお参りしようかと思いましたが、神頼みの前にまずは自分で努力です。お参りは試験の直前にしたいと思います。

大学受験の日、会場へ向かう前にここに寄ってお参りしたのを思い出しました。上野、秋葉原、本郷など、この界隈はよく通るのですが、受験が終わってしまうと湯島天神にはなかなか寄らないものですね。

Photo_12
Dscf0905
Dscf0904

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2007

都営バス「都02系統(グリーンライナー)」

Dscf08981

「都02」系統は錦糸町駅と大塚駅を結ぶ路線です。今日は大塚へ行ったので、帰りは大塚車庫から都02系統で錦糸町まで帰ってきました。

Dscf08841
大塚車庫前

大塚を出発したグリーンライナー(この系統の愛称)は春日通りを東へ向かい、茗荷谷駅、春日駅と徐々に坂道を下っていきます。そして、後楽園遊園地を右手に見ながら白山通りを越えると、再び坂道を上っていきます。すると間もなく東京大学のある本郷を通るのですが、このあたりは雑然としている中に趣のある昔ながらのお店もあって、じっくり探索してみると面白そうですね。

さらに進んで湯島に差し掛かると、上野広小路の方へ向かって下り坂になるのですが、そこの反対車線でちょうど神輿が通過中でした。湯島天神のお祭りなんでしょうか。

Dscf0887
湯島

今日は日曜日だったのでどの道もスムーズに進むことができましたが、御徒町のあたりだけは若干混んでいました。JRのガード下を抜けるとすぐに昭和通りを越えますが、そこの交差点にはディスカウントストアの多慶屋があります。

Dscf0888
御徒町

蔵前を過ぎると厩橋で隅田川を渡ります。そして清澄通りを経て蔵前橋通りで再び東へ向かいます。

Dscf0890
蔵前

ここまでくると終点の錦糸町はもうすぐです。錦糸町の新しい目印、オリナスタワーが目の前に見えてきました。

Dscf0891

四ツ目通りを右折すると、錦糸公園、そして終点の錦糸町駅です。

Dscf0896
錦糸公園

私はこのあと都07、亀23を乗り継いで家に帰りました。日曜日はバスの運行はなかなかスムーズです(平日でも意外に進みは悪くないんですけどね)。バスは、地下鉄にはない「景色」を楽しむことができますので、たまには長い乗車もよいものですよ。

また最前列に座れたら、別の系統でこのネタをやりたいと思います。

| | Comments (62) | TrackBack (0)

放送大学文京学習センター

資格試験の勉強をするときは、毎回いろいろな場所を探して楽しんでいます。

現在もシーズン中なのですが、先週から放送大学の学習センターの利用を始めました(現在、放送大学の学生なので利用できる)。文京学習センターは茗荷谷駅から徒歩1~2分なのですが、写真のとおり、緑に囲まれた心地のよい環境です。

Dscf0883
Dscf0880

先週は図書館、今週は休憩室で勉強したのですが、家にいるのと違って、こういう場所に来ると勉強以外にすることがないので、自然に体が机に向かいます。あとよく利用するのはファミレス(デニーズ)で、空いている夕方や深夜を狙っていきます。ファミレスは図書館のように静かな場所ではないのですが、私の場合、なぜか集中できるんですよね。

飽きっぽい性格なので、このように環境を変えて勉強が続くように工夫をしています。あと、私の場合は集中力が続くのは2時間以内なので、1回の勉強時間はそれを目安にしています。難しい部分は飛ばして前に進みます。翌日、同じところを再度読むと、今度は理解できてしまうということもあるのです。

勉強中の方は、よかったら参考にして下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小名木川

Dscf0879
小名木川

江東区の中央を横断する小名木川。私の家のすぐ横を流れているのですが、現在、歩道の整備工事が行われています。今度、堤防の内側を散歩できるようになるみたいです。完成したら自分の新しいウォーキングコースにする予定なので楽しみです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 25, 2007

追伸・朝ズバの根本くん

24日の15時頃、作業中にたまたまテレビの画面に目をやったら、根本くんが出ているではありませんか。TBSの情報番組みたいでしたが、取材で川越へ行ってスイーツを食べていました。根本くん、大活躍ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・朝ズバの根本くん

23日は寝ていて見逃したのですが、24日は朝ズバのお天気コーナーを見ることができました。

またしても男性アナ(蓮見アナ)は根本くんネタでみのさんにいじられていました。蓮見アナは「もうやめてくださいよ、実家の母から電話がかかってきたんですから」と困惑気味だったのですが、いつもならみのさんが「根本くーん」と呼ぶところを、この日は蓮見アナが「根本さーん」と呼んだため、すかさず、みのさんが「やっぱり呼ぶんだ」とツッコミ。さらに、呼ばれた根本くんが蓮見アナを「TBSのハニカミ王子」と返していました。朝から爆笑です。明日からビデオを録ろうかな…。

ところで、私の携帯が会社でいたずらされ、待ち受け画面を根本くんにされてしまいました…。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

May 23, 2007

朝ズバの根本くん

22日の「朝ズバ」のお天気コーナーでのこと。この日はお天気キャスターの根本美緒が芦ノ湖の方へ行っていたらしく、中継を呼ぼうとしたみのもんたが「今日はつつじが綺麗でしょうね」と前フリしたのですが、突然、横にいた若い男性アナが「根本さんも綺麗ですよ」と微妙なコメント。

本当に不意討ちな突然の発言だったみたいで、驚いたみのもんたは暫くあ然として固まってしまい、報道番組にしては珍しく、スタッフからもどよめきのような大きな笑い声が聞こえてきました。男性アナは「先輩なんで…」と取り繕っていましたが、まるで、授業中に突然「○○さんが好きですっ」とでも言ってしまったあとのような周囲の反応に、彼自身も驚いているようでした。

取りようによっては「普通のコメント」だと思うのですが、きっと、その男性アナは普段冗談でもそういうことを言わないタイプの人なのでしょうね。懐かしいような、初々しいような、そんな空気にスタジオが突然包まれて、とてもウケました。これは、みのもんたの反応が良かったのでしょうね。ナイスです。

お天気の根本さんは確かに綺麗な方ですから、男性アナも普段思っていることが自然に口から出てしまったのでしょうね。明日のお天気コーナーも注目だ!

ところで、私はいつか人助けとかで話題になって、朝ズバに呼ばれて出演することを夢見ています…。そして、みのさんに誉められたい!

| | Comments (122) | TrackBack (0)

May 21, 2007

聞き苦しい大下剛史 2

先日、大下剛史の解説についての記事を書いたところ、その記事に対する訪問者数は本日までで32名に達し、当サイトの過去30日の記事別集計において第2位を記録しています。

こんな個人が書いている、しかもマイナーな話題に32名もの方が検索サイト等から見にこられたということは、同じ気持でテレビを見ている人が他にもたくさんいるんだなあと実感しました。

実況、解説に何を求めるかは見る人によって違うかもしれませんが、私の場合、例えばカープの投手が相手を0点に抑えて完封したとして、それは投手が良かったのか、相手の打線が絶不調だったのか、プロの見解を知りたいわけです。もちろん、自分も何十年も野球を見ていますからある程度の判断はつきます。でも、プロの目線から見れば違うのかもしれないですから、その解答を知りたいわけなんですね。ただ、それは大勢いる視聴者の中の1人の希望であって、テレビを見ている人はいろいろですから、素人の方に向けた初歩的なやりとりばかりの日があってもそれはそれでいいと思うのです。

結果的に、テレビを見ている人は解説や実況に対して半分聞いていて、半分聞いていないような(興味のあるところは一生懸命聞くし、そうでないところは自分の価値観で試合を見る)、BGM的感覚でいることが多いでしょうから、観戦の邪魔さえしてくれなければ「内容は自由に喋って下さい」くらいな広い許容範囲を持ってみんな見ていると思います。なのに、広島ホームテレビで大下剛史が出てくると、実況が何を聞いても「そんなこと聞くな」みたいな応対ばかりで、はっきりいって邪魔です。「そんなやりとりは放送前にやってくれよ」と言いたくなるような会話ばかりで毎回うんざりします。これって放送を迎えるにあたって下準備ができていないってことですよね。最近はローカル放送ではなく、Jスポーツを通じて全国に放送されているのですから、出演者も製作者もその辺をわきまえて欲しいですね(金払って見てるんですから)。

ホームテレビといえば、国貞泰汎さん、渡辺弘基さんが解説をされていた頃は良かったんですけどね…。国貞さんの解説でまた中継が見てみたいです。

最近、大下ほどではないですけど、達川光男もやんわり実況を見下してるように思えます。本当、そういうことは放送の前にやって下さい。

| | Comments (0)

May 20, 2007

伝通院(でんづういん)

200705201612000
伝通院

先日の切支丹坂に続いて、文京区の歴史スポットの紹介です。今日、放送大学の図書館へ行ったのですが、その帰りに伝通院に寄ってみました。先日、都バスの都02系統に乗っていたところ、「伝通院前」というバス停があって、それ以来、気になっていた伝通院。水道橋駅から見ると東京ドームの裏手にあたり、地下鉄春日駅から10分程度のところにあります。

春日通りの伝通院前の信号を北側に折れると、とても落ち着いた広い通りが伝通院に向かって真っ直ぐ続いています。伝通院という院号は、徳川家康の母の法名「伝通院殿」にちなんで付けられたそうで、彼女はここに埋葬されています。一時は江戸の三霊山と称されたほど栄えましたが、明治維新以降は衰勢に向かいました。

それでも、徳川将軍家の菩提寺だけあって、境内に入ると格式のある雰囲気を感じました。

帰り道、門前の善光寺坂を東へ下っていくと、見覚えのある風景に出くわしました。以前、友人のお母さんのパソコンの設置を頼まれたことがあったのですが、その設置先の事務所が入っているマンションの前だったのです。伝通院の目と鼻の先だったとは…。

文京区には史跡や神社、寺院がたくさんあり、緑も多くて落ち着いたところです。また暇を見つけていろいろ巡ってみたいと思います。都02系統に乗って。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2007

ピンクリボン de カープ

本日、5月19日、広島市民球場ではデーゲーム開催に合わせて「ピンクリボン de カープ2007」というイベントが行われています。球場では女優の宮崎ますみさんによる始球式、検診の実施、パンフレットの配布といった様々な催し物が企画され、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを呼びかけます。

さきほど中継で試合開始直前の様子を見ていましたが、宮崎ますみさんが始球式のためマウンドに上がると、ベースボール犬ミッキーがマウンドに駆け寄っていきました。宮崎さんは笑顔で声援に応え、見事に役目を果たしてマウンドを下りていきました。

宮崎さんは乳がんを早期発見により克服したことで知られていますが、そういう経験をされた方が大勢の観衆の中で元気な姿を見せることは、同じ病気の人に大きな勇気を与えることでしょうし、検査を受ける人が増える効果にも繋がることでしょう。

プロ野球は試合を行うだけではなく、このような市民に向けた広報的な役割も果たしていけば、人気がどうこう言われる以前に重要度が増すと思います。今回のキャンペーンは良い一例だと思うので、これからもっと増えていくことを期待したいですね。

しかし、現在、試合は0-5で負けています…。

ピンクリボン de カープ2007実施について

ミッキーくん、宮崎ますみと始球式

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 13, 2007

ミニ胡蝶蘭ビューティーシーナ・リンリン

Dscf08781
和紙で包まれているため写真に撮っても姿がよくわからない…。
今日は母の日ですが、私は仕事だったので、明日花を届けに行ってきます。花はさきほど近所の砂町銀座で買ってきました。高そうな胡蝶蘭と並んで、小さめな鉢に植えられた同じような花があったので、それを選びました。これが育つと10,000円以上もする胡蝶蘭のようになるのかと思ったらそうではなく、これはミニ胡蝶蘭という違う種類の花みたいです。「ミニ胡蝶蘭ビューティーシーナ・リンリン」と書いてありますが、500円高の「キャンディー」というのもあったので、キャンディーズファンとしては後者を選ぶべきだったか…。

| | Comments (96) | TrackBack (0)

May 11, 2007

特命係長只野仁 ~音の美学~

TVドラマのサウンド・トラックは、気に入ったものがあると時々買っています。買うに至るまでの条件としては、ドラマそのものが気に入っていて、かつ、劇中で使用されている音楽にひかれる要素がある場合ですね。

ちなみに、今まで買ったサントラは「南くんの恋人」「イグアナの娘」(寺嶋民哉)、「ハッピーマニア」(見岳章)、「神様、もう少しだけ」(S.E.N.S.)、「白鳥麗子でございます」などです。ドラマのサントラであることを抜きにして、1枚のインストゥメンタル・アルバムとして楽しめるものもあれば、CD1枚を埋めるだけの曲数がなくて、同じ曲をアレンジを変えて何トラックも収録しているようなものもあります。後者はすぐに飽きるパターンですね…。聴き手(買い手)としては、CDを1枚音楽作品としてリリースする以上、ドラマという枠だけにとどまらない質に仕上げて欲しいものです。

Photo_11

さて、今回紹介するのは「特命係長只野仁 ~音の美学~ 」です。3月まで同ドラマの3rdシーズンが放送されていましたが、このサントラ1stシーズンのときにリリースされたものです。曲の合間に台詞がふんだんに出てきますので、ドラマをずっと見ていた人は各回のシーンを思い出しながら聞けることでしょう。私はこのドラマを見ていて、「曲」もそうなのですが、「曲」を奏でる「音」の美しさにひかれていたので、サントラのサブ・タイトルに「音の美学」と付けられているのはとてもぴったりだと思いました。きらびやかな響きの良い音が印象的なのですが、私はそんな影で活躍しているギターのリフレインだとか、打楽器の音、サックスの音に耳がいってしまいました。

一見、ドラマそのものは「和」と無関係な感じに思えるのですが、主人公を支えている精神はやはり日本的です。サントラ(音楽)でもそんな繊細な部分が表現されていて、ドラマの本筋を音楽が十分に支えていることが伺えます。

ドラマの中で使用されている音楽は1stシーズンからずっと変わっていません。このドラマにおける「音」は大変魅力に感じていたので、そのことは非常に嬉しく思います。なので、2ndシーズンから見始めた人もサントラは楽しめると思いますので、「音の美学」に興味がある人は是非聴いてみて欲しいと思います。私は夜に車で聴くのが好きです。また、1stシーズンを見るとより楽しめますので、CSでの再放送やDVD等も探してみるとよいですね。

そして、いつか4thシーズンが製作されることにも期待しましょう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

暴風

昨夜から風の音が物凄くて、昼を過ぎた現在でもまた吹いています。

ベランダが見える木を撮影してみました。写真は静止画なので、風の強さが伝わりにくいかもしれませんが、木がおじぎするほど強く吹いています。

Dscf08681
Dscf08731

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2007

トライオードTRV-34SE

1年以上前に書いた真空管アンプについての記事「Tri TRV-34SE」へのアクセスがここ数日急増しているのですが、何かあったのでしょうか?

知っている方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

今日の夕食

Dscf0861
餃子、八宝菜、いわし蒲焼、サラダ、ご飯、マテ茶

減量中にしては、ちょっと多いでしょうか。会社から歩いて帰ってきたのでお腹が空いてしまったのと、団地の中華屋さんで餃子を買ったら、売れ残った八宝菜をオマケにくれたりしたもんだから…。そこの中華屋さん、21時過ぎにいって1品買うと、売れ残ったものをおまけで入れてくれるのです。でも、毎回それでは悪いので、土日の昼とかは定価で2品くらい買うんですよ。

減量の方はなかなか順調でして、もうすぐ73kg台に突入できそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

行方不明なCD

昨日、出掛けるとき、ふと車で聴いてみたくなったCDがあって、もっていこうと思い棚を探してみました。そのCDは「YOKO'S FAVORITES」という南野陽子が出したミニアルバムで、8cmサイズのミニCDです。

このアルバムは1988年に発売され、シングルのカップリングを4曲集めた、ナンノのナレーションも入った楽しい1枚です。カップリングといっても地味ながら質はなかなかのもので、さすがは当時のトップ・アイドルの作品だと納得してしまいます。

おそらく、もう15年以上聴いていないと思いますが、急に聴きたくなって探してみたところ、見当たらないのです。他のシングル・サイズのCD、「秋からもそばにいて」「フィルムの向こう側」はあったのですが、一番聴きたい「YOKO'S FAVORITES」だけはどうしても見つかりませんでした。

私は定期的に不要なCDを売却処分するのですが、「YOKO'S FAVORITES」は手放すはずがないと思っています。でも、もしかしたら何かに紛れて売ってしまったのかも…。

ジャケット画像と共に解説でも書いて載せようと思いましたが、もし見つかったらということで…。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

May 06, 2007

東京でシーズン最後の赤福

Dscf0783

これから夏場を迎えるため、消費期限の関係で赤福の東京での販売はしばらくなくなります。大丸東京店での特別販売も今日が最終日でした。食べ納めです。

| | Comments (50) | TrackBack (0)

八幡橋

富岡八幡宮の東側に、赤色をしたレトロな橋があります。

たまに仕事でここを通るのですが、橋を渡ると瓦屋根の昔ながらの家があって、その向こうは富岡八幡宮になります。車の通行も少なく、緑も多くて、ちょっとした観光地気分を味わうことができます。ちなみに、橋の下は川ではなく歩道です。

お参りの際に寄ってみてはいかがでしょうか。

Dscf0777
Dscf0778
Dscf0779

| | Comments (18) | TrackBack (0)

May 05, 2007

アイスコーヒー800円也

都営新宿線の大島駅の南側裏手に商店街があるのですが、その中に、自家焙煎コーヒーの豆売りを専門にしているお店があります。数年前から存在は知っていたのですが、今日、初めて買い物をしてみました。

今日は暑かったので、昼食のパンと一緒にいただくアイスコーヒーを買うことにしました。大島駅、西大島駅地区には、ドトールやベローチェのような廉価なコーヒーショップがありません。珈琲館はありますが、200円前後では買えませんよね。

そこで、商店街のコーヒーショップが頭に浮かんだのですが、1リットルくらいのボトル製品でも買って帰ろうと思い店に立ち寄りました。中に入ると、狭い店に置いてある冷蔵庫にはペットボトルに入ったアイスコーヒーが何本も詰め込まれていました。手に取ると、ペットボトルはベコベコで柔らかく、手作り感溢れる印象でした。300円くらいかと思って店主に品物を渡して会計しようとしたところ、なんと「800円」というではありませんか。「なにをー!」と思いましたが、引くに引けなくて、そのまま買うことにしました。

800円というと、「ドトールやベローチェなら4杯飲めるよなー」とか、「フレッシュネスバーガーだったら3杯だなー」とか、歩きながらいろいろ思いを巡らせてみたのですが、やっぱり高いという結論は変わりませんでした。

家に着くと、早速、栓を開けたのですが、いきなり中身が飛び出るハプニング。中身のコーヒーがたっぷり押し込まれているのと、ペットボトルが柔らかいために、開けた勢いで中身が飛び出たのです。今度から気をつけようと思いつつ、今度も買うのかどうかはまだ疑問でありました。

市販のロックアイスを入れたグラスにアイスコーヒーを注いでブラックで飲んでみました。私は濃厚で香りの強いアイスコーヒーが好みで、最初はブラック、後半はミルク入りで飲むというのが通常なのですが、このアイスコーヒーは味も香りもそれほど強いものではありませんでした。味や香りを控えめに、日本的な上品な仕上がりで、上質のお茶を飲んでいるような感じを受けました。なので2杯以上でも飲めそうです。量も1本で5~6杯飲めそうなので、まあ800円もありですかねー。

Dscf0781
アイスコーヒーの隣はキャンディーズ・フィギュア 意味はありませんが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好調な広島

3試合連続サヨナラ負け」という記事を書いたのが2週間前。それが、今ではリーグで一番強いのではないかと思うくらい好調なのですから、野球は面白い、というか怖いですね。

負けているときも勝敗は最後までわからない試合が多く、歯車が合えば必ず勝てるようになると思っていましたが、ついに「借金はあと1」のところまできました。復調のペースは想像以上でしたが、それだけ4月は負け続けましたから、これくらい勝っていいでしょう。4月で立派だったのは、3タテを食らっていない、つまり、大きな連敗をしなかったということですね。「これ以上負けると…」というところで必ず踏みとどまれたことで、大借金を作らずに済んだわけで、これは状態の悪かった4月の中で光る点です。

短期間でこれだけ状態が上昇したということは、逆もありえるわけですから、これからも過度な期待をせず見守っていきたいと思います。

明日は雨で中止ですね。好調なときは試合をやりたいですし、水入りによって調子を落とすこともありますが、9連戦で中継ぎ投手も疲れているので、明日は中止でもチームにとっては「良い中止」かもしれません。それにしても、こんなときは巨人と当たりたいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ダイビングキャッチ

5月3日の「阪神×広島」、7回表2死満塁の場面で梵が放った打球が右中間方向へ飛びました。そしてセンターの赤星選手がダイビングキャッチを試みた瞬間、「捕られた」と思いましたが、打球は地面についてフェアとなり、試合を決定づける走者一掃のタイムリーとなりました。

私は点が入って喜びましたが、ダイビングキャッチの際に赤星選手がどこかを痛めたようで、うずくまっている様子が気になりました。ダイビングキャッチは華麗なるプロの技ではありますが、やはり危険と隣り合わせです。敵味方関係なく、選手が怪我をするのは見たくありません。特に赤星選手は車椅子を何台も寄贈するなど、グラウンド外では福祉活動にも熱心なだけに、常に試合に出て元気な姿を見せて欲しいのです。怪我をして次の試合を休んでくれたら広島の投手は少し楽になるでしょうけど、赤星選手が出ている阪神に勝ってこそ嬉しいし価値もあります。

今日、新聞に「赤星、首を痛め長期離脱も」という記事が出ていましたが、早く回復して試合に出れるようになって欲しいと思います。テレビの情報によると、ヤクルトの青木選手もダイビングキャッチの影響で首を痛めているそうで、通りで最近打棒が振るわないわけです。昨日の負傷は阪神が0-7のビハインドから5-7と追い上げた次のイニングに起こりました。チームは連敗中、そして負けが決まりかけたゲームが息を吹き返した直後でしたから、ダイビングキャッチで流れを引き寄せようとしたのでしょう。気持ちはよくわかります。でも結果的には1試合の負け以上に大きな痛手を負ってしまいました。

危険な荒業がなくなってしまっては魅力が半減するかもしれないのでダイビングキャッチを否定はしませんが、シーズンはまだ序盤です。選手の皆さん、無理はしないで怪我には気をつけて下さい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 04, 2007

その後のダイエット

1か月前に「減量実行中」ということを書いたのですが、その途中経過です。

先生のお話によりますと、減量の効果は、グラフにすると階段状に現れるということでした。つまり、暫くは平行線で、ある時期がくるとガクンと落ちて、また平行線になって、ある時期がくるとまた落ちるという繰り返しになるというパターンが多いそうです。

私の場合も最初は79kgという壁があって、なかなかそれを下回れなかったのですが、そこを突破したあとはすぐに75kgまでいきました。4月に入ってからはずっと75kg台で平行線を辿っていたのですが、本日、初めて74kg台に突入しました(体脂肪率も計測開始以来初の20%以下を記録)。いよいよ70kgギリが見えてきましたよ。もし60kg台が実現すると、20代前半以来ですから、10年以上ぶりということになります。そして、それが私の標準体重なのです。

思い起こせば、20代前半はビールを毎日飲み始めた頃です。旺盛な食欲も相成って、体重は一気に70kg台で推移するようになったのでした。今、10年前の体重に戻りつつあるのは、お酒をほとんど飲まなくなったからかもしれません。やっぱりビールって太るんですね。

ちなみに、この2か月くらい、日々の食事内容は全て記録しています。Yahoo!カレンダーのメモ機能を使用しているので、ネットが使える環境があれば(家でも会社でも)記録できて、漏れなく続けられています。

参考までに、こんな↓感じです。
5/1
朝 トマト丸かじり、ナイススティック
昼 カレーパン、コロッケパン、ミニクリームパン、アイスコーヒー
  アイスコーヒー
[体重] 75.1g
夜 鯖味噌、餃子、ほうれん草とアスパラとツナ、玉子豆腐、ご飯1杯

5/2
朝 クリームスティックパン
  缶コーヒー
昼 わさびハンバーグセット
  チョコレート
夜 中華弁当、かしわ餅、お茶
[体重] 75.0g

ご覧のとおり、減量といっても、普通に食べてます。ただ、ご飯の大盛り、おかわりはNGで、3食きちんと食べるということを徹底しています。あと、お酒は外でのみ飲むということにしています(家では飲まない)。それから、ケーキ等の洋菓子をなるべく控えて、甘いものが食べたいときは和菓子を食べるようにしています。

最近、ウエストが格段に絞られて、使えなかったベルトが復活しました。

またレポートしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 01, 2007

PASMO

3月末にバスの定期が切れて、東陽操車場の窓口へ定期を買いに行きました。都バスの定期は相変わらず紙なので、私はてっきりPASMOの定期というのは存在しないものだと思っていたのですが、ホームページをよく見ると、バスにもPASMOの定期が存在するではありませんか。

定期を買いにいった時点では既にPASMOはスタートしていたのですが、PASMOに関する案内は一切窓口に掲示されていませんでした。だいたい、買うときに「PASMOにしなくてよいですか」くらい聞いてくれてもいいと思うのですが、そういったPRもありませんでした。ホームページでもバスの定期についてはよく探さないと出てこないし、PR不足だと思います。

PASMOに切り替えるには一度定期を解約しなければならず、それは損だし面倒でもあるので、結局、定期の期限がくるまでは紙の定期を使い続けます。紙の定期はだんだんボロボロになってくるので嫌なんですよね。だいたい、今どき紙の定期なんて…(紙なんて高校時代の都営地下鉄の定期だよ…)。

もしかして、PASMOのカード不足はかなり早い段階でわかってたんじゃないですかね。だからあえて積極的にPRしなかったのかな。それより、JRはSuica、関西はPiTaPaにICOCA、加えてセブン&アイホールディングスのnanaco、イオンのWAONと、電子マネーがいろいろ増えてきましたけど、せめて電車とバスくらいは全国で同じものを使えるようにならないのでしょうか。財布の中がポイントカードで一杯になるみたいに、そのうち電子マネーで一杯になったりして…。まあ、これだけ競争が激しい中で、カードが足りないというPASMOは情けない…(でも早く欲しい)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »