« November 2009 | Main | January 2011 »

December 16, 2009

長谷寺(2009)

今年も長谷寺にやってきました。

Dscf2317

来てみて初めて知ったのですが、現在、ちょうど「西国三十三所結縁御開帳」の期間中でしたので、迷わず特別拝観の方へも行ってきました。

特別拝観は本堂脇から入場します。まず、入口で少量のお香を左手の手のひらに盛られるので、案内に従いそれを両手に擦りこみます。次に、左手に「結縁の五色線」を付けて下さって、いよいよ本堂の中へ。長谷寺参詣は5年目ですが、本堂の中へ入るのは初めてです。

通された先は、何と、10メートルを超えるご本尊の御足の前でした。今回の特別拝観では、この御足に触れることができるのです。そうすることで、観音様とのご縁を結べるのだそうです。そして、最後はひとりひとりにお経を唱えてくれます。

私は幼少の頃に奈良に住んでいたこともあってか、4年前にこの長谷寺と出会いとても親しみを感じて、それ以来、毎年訪れています。そんな大好きな長谷寺のご本尊に近づくことができて、今回はとても有意義な参詣ができました。4年前、心身緊張状態だった日常の自分を、自然体に解放してくれたのがこの長谷寺でした。

今回もあのときのように、自分にとっての自然体を思い出させてくれたような気がしました。何か転機のきっかけになるかもしれません。

| | Comments (0)

December 04, 2009

千日聞き流しせよ

法隆寺に関する文献を読んでいたら、「千日聞き流しせよ」という佐伯定胤(同寺の103世管主)の言葉が目に止まりました。要は、わからなくてもいいから、千日聞き流してみなさいという意味です。

この言葉には大変共感します。石の上にも三年といいますが、2年前、電気通信主任技術者を目指そうと思い勉強を始めた頃、私は教科書の内容がさっぱり理解できませんでした。それでも、同じところを繰り返し読もうと努力しているうちに、何となくわかってきて、気がつくと絶対無理だと思っていた資格を見事手に入れていました。

仕事も同じで、諦めず正面から立ち向かって地道に努力していると、道は開けてくるものです。自分は才能もないし不器用な人間なので、「千日聞き流しせよ」の精神で、地道に築き上げた能力を、さらなる努力で維持していくしかないのです。

| | Comments (0)

« November 2009 | Main | January 2011 »