« April 2012 | Main | October 2014 »

July 23, 2012

四季

ここ数年で聞いた曲の中で、最も印象に残っているのが坂本龍一+大貫妙子の「四季」です。

私は日本の音楽の詞において、もっと日本語を大事にして欲しいと常々思っているのですが、この「四季」は珍しく純日本語で構成されています。

また、言葉数が少ないので、ひとつの言葉、一行の文が聞き手の想像力を膨らませ、少年、少女の頃の四季の風景が懐かしさとともに目の前に浮かび上がるのです。

色、音、匂い、ぬくもり、寒さ。ピアノと歌声を聞いているだけなはずなのに、色々な感覚が呼び起されて、どこだかわからないけど、生まれた場所のような安らぎへ心が導かれるようでもあります。

美しい四季、それだけを感じていたかったのだけど、心地の良い、だけど少しものさびしい旋律に導かれたその先は、遠くなっても離れない別れの記憶。甦る、胸が締めつけられる思い。そんな切なさが、この曲に印象深さを刻み込み、美しい四季は切ない想いを優しく包み込んでいるのです。

なんて奥行きの深い曲なんでしょう。

と、私も全て日本語で感想を書いてみました。

| | Comments (4)

« April 2012 | Main | October 2014 »