November 29, 2009

江東シーサイドマラソン大会2009

今日は江東シーサイドマラソン大会でした。前回からもう1年ですから、毎回のことながら、月日の経つ早さと年末の到来を実感します。

今回はランニングでの練習期間が1週間しか取れませんでしたが、4~5kmのランニングを5回行い、それは回数、距離共に過去最高でした。ただ、前日の最後の練習が仕事の関係で夜になってしまい、それが当日の体調に若干影響した気がします。

今日は予報に反して好天に恵まれ、コンディションとしてはまずまずでした。ただ、気温が低く、空気が冷たかったので手先が冷えました。そのため、予定では明治通りの途中でひと汗かいてエンジンがかかってくる予定だったのですが、永代通りに入るまでなかなかピッチが上がりませんでした。

そんな我慢の展開ではありましたが、何とかほぼ均一のペースを保って無事に完走。タイムは何と前年と全く同じ。ただ、順位は5回目の出場にして初めて前回より下げました(ほとんど同じですが)。

さて、筋肉痛の影響は果たしてどうなるか。

| | Comments (681)

November 30, 2008

江東シーサイドマラソン大会2008

さきほど、マラソンを走り終えて帰ってきました。

今回は初めて長袖着用、そして時計を持って走ってみました。昨年同様の59分台を目指しましたが、出だしはあまり体が軽くなくて、我慢の展開となりました。ペースも昨年同様に前半を飛ばす作戦でいこうと思い、まずは日曹橋を目指して上げていきました。

東陽町を過ぎたあたりは最初に苦しくなるところですが、後ろからゲストランナーの千葉真子さんの励ましの声が聞こえてきて、何とかペースを保つことができました。「腕は腰のあたりに」というアドバイスが耳に入ったので、私もそれを心がけました。

木場5丁目交差点を左に折れて三ツ目通りに入ると中盤を迎えるのですが、橋を越えるアップ・ダウンが連続していて、これが序盤よりもこたえます。私は、上りのところではあまり体力を消耗しないよう最低限ペースを守る程度で走って、下りでは大股に切り替えて勢いで駆け抜けながら充電に努めました。

全体的に、快調というよりは、苦しい中、何とかペースを保ったという感じがしましたが、競技場に帰ってきたときのタイムを見ると昨年を上回るペースだったので、そのまま走り抜けてゴール・イン。

昨年のタイムを1分13秒上回りました。このマラソンは34歳から参加しているのですが、37歳の今年、昨年に続き自己ベスト更新です。その要因は体力の充実と言いたいところですが、それだけでなく、準備とか作戦とか、その辺の理由の方が大きいように思います。そう簡単に若返りませんよね。

| | Comments (0)

November 29, 2008

江東シーサイドマラソン大会2008は明日

今年は4年連続4回目の出場となる、江東シーサイドマラソン。先々週、風邪で体調を崩してしまい、準備が今ひとつですが、明日は何とか走れる運びとなりました。

試走は23日に夢の島~北砂3丁目間、そして今日の夢の島~日曹橋間の2回で、昨年より少し軽い調整です。あとは水泳の回数を増やすなどして準備をしてきました。直前に体調を崩したことと、今週は仕事で忙しくて疲れていることが懸念材料ですが、何とか昨年並みのタイムを記録したいです。

| | Comments (39)

October 13, 2008

クライマックスシリーズ

広島には関係ないので、セ・リーグの優勝争い、そしてパ・リーグのクライマックスシリーズを他人事のように見ています。

セ・リーグでは巨人がメイク・レジェンドということで大逆転優勝したわけですが、あれだけの戦力を持っていれば最初からぶっちぎりで優勝してもおかしくないわけで、たまたま前半につまづいたからこうなっただけだと思います。阪神も巨人同様に近年は他球団の選手を獲得して戦力を強化してきたわけですが、同じ路線では結局巨人にはかなわないということなんじゃないでしょうか。広島ファンからすれば違う世界の争いみたいで、どっちが勝っても嬉しくも悔しくもないのですが、新井には優勝させたくないと思っていた人は多いと思うので、どちらかというと巨人に肩入れしていた方が多かったかも。それにしても、クライマックスシリーズを前に辞任を表明してしまった岡田監督はどうしてなのでしょう…。大逆転されて沈滞ムードのチームに、ショック療法で風向きを変えようとしたのでしょうか。私はクライマックスシリーズでは、3位争いを競ったライバル、中日を応援したいと思います。

パ・リーグのクライマックスシリーズは、残念ながらオリックスに元気がなかったですね。シーズン後半の勢いは「いてまえ」の近鉄を彷彿とさせましたが、昨日、今日は日ハムのそつがないゲーム運びの前に封じ込まれてしまいました。オリックスが勝って西武と対戦して欲しかったです。しかし日ハムの集中打は不思議です。点の入る回だけヒットが続いて、それ以外の回は本当に音無しなんですよね。

今年は昨年よりもリーグ優勝の重みが増したというか、クライマックス制度が始まる以前の価値に少し戻ったという印象を受けました。昨年まではリーグ優勝しても日本シリーズに出れなければ価値は半分みたいな感じがありましたが、今年は西武の渡辺監督や大久保コーチの号泣、そして原監督の涙目がリーグ優勝の重みを演出してくれたような気がします。これは良いことなのではないでしょうか。

| | Comments (1)

October 04, 2008

CS出場おめでとう中日ドラゴンズ

残念ながら、我が広島東洋カープのCS出場は夢と散ってしまいました。

この1週間、CS出場第3の枠を争っていた中日と広島のチーム力の差、底力の違いというのがくっきり表れたような気がします。広島は市民球場最後の試合(9月28日)を終えてからというもの、まるで別のチームに変わってしまったかのような消沈ぶりで下位チームに大きく負け越し。本拠地試合が早く終わってしまった不運もありますが、それを乗り越えるのも実力のうちですから言っても仕方がありません。

一方の中日は、状態が最悪と言われながらここにきて7連勝で、気がつけば貯金も今日で6。この土俵際の強さを思うと、広島とはゲーム差以上にチーム力の差があると言えるのではないでしょうか。この調子でリーグ3位から日本一を目指して頑張って欲しいと思います。

シーズン前を思い返せば、広島は4番とエースが抜け骨抜き状態のチームでした。それが前年を上回る成績で、Aクラス入りが目前に迫るほどの健闘を見せてくれたのですから、決して悲観することはありません。しかし、残り2試合、何とか「今までとは変わった」ことを印象づける形で締めてもらいたいと思います。それと、今年の健闘は市民球場効果だけではなく、若い力の台頭といったチーム力アップによるものだということを証明するためにも、来年は本当にCS出場を果たして欲しいですね。できれば2位以上になって新球場でCSを!

| | Comments (0)

September 24, 2008

ありがとう、広島市民球場

Dscf1776

広島市民球場、最後の観戦に行ってきました。試合はデーゲームだったのですが、昼前に広島に着いたときにはあいにくの雨。まさか中止になるのではと心配しましたが、小雨が降り続く中、無事にプレイボールがかかりました。しかし、天気同様、先発のルイスが調子に乗れず、まさかの初回4失点。その後、空模様は回復し、ルイスもそれと調子を合わせるかのように好投を演じてくれました。

Dscf1771

私はこの球場の夕方の風景がとても好きなんです。西日で照明の影が三塁側からホーム方向に伸びるのですが、デーゲームだったら試合の終盤、一番盛り上がる頃です。夕日を背に、試合を締める大野投手はとても格好良かった…。また、ナイターだったら試合が始まったばかりの時間帯。まだ動きはあまりなくて、ちょっとまったりした雰囲気の中で投げる先発の北別府。いろいろ思い出は尽きないのですが、一番忘れられないのが1984年の阪急との日本シリーズ第7戦。3勝3敗で迎えた最終戦、先制されながらも逆転し、先発の山根が最後の打者、福原をショートゴロに打ち取り、日本一を勝ち取ったシーンです。最近の日本シリーズはナイターになってしまいましたが、あの頃はデーゲームでしたから、胴上げの瞬間というのは夕方なんですよね。日本シリーズはデーゲームの方が独特の雰囲気があって良いと私は思うのですが…。

Dscf1774

まあ、そんなシーンとか、山本浩や衣笠が活躍していた頃の記憶を思い浮かべながら試合を、そして球場を見ていました。3年ぶりの観戦で、東京から遥々やってきた割には、スタンドに座っている自分はなぜか当たり前のような感覚でした。毎日のようにJスポーツで中継を見ているからでしょうか。残念ながら最後の観戦は敗戦に終わってしまい、私が市民球場で観戦した生涯成績は4勝6敗となりました。しかも最後は4連敗。でも、最後に晴れた夕方の市民球場が見れてよかったです。

市民球場は古いとかボロいとか言われますが、スタンドからグラウンドを見たときの天然芝の緑は美しくてとても気持がよいのです。
Dscf1764

来年は新球場での試合開催となりますが、この日の試合前に下見をしてきました。場所は広島駅すぐ近くの線路沿いで、新幹線で東京、大阪方面からくると、広島駅の手前左手に見えます。車窓から撮った写真を掲載しますが、もう芝生が見えています。この球場で、新しい感動が生まれることを楽しみにしたいと思います。

Dscf1741
Dscf1744
Dscf1746

ありがとう、広島市民球場。

| | Comments (0)

September 17, 2008

久しぶりのゴルフ

今日は今週で唯一の好天の日。東京湾カントリークラブでゴルフを楽しみました(プレーに一杯一杯で、写真撮るの忘れた…)。

ショートコースは今年の4月に行ったのですが、本コースは平成18年3月以来、何と2年半ぶり。しかも事前に打ちっ放しで練習することもなく、ほぼぶっつけ本番状態で臨みました。実は、来月、コンペに誘われていて、それに出るために2回ほどコースへ行くことになったのです。今日はその初回。

コンペ出場にあたっては、もちろん真面目に取り組んでいまして、家でDVDを見ながらタオルを使って素振りをしています。その成果か、打ちっ放しへは行けませんでしたが、久しぶりにしてはまずまず良い当たりが出ました。あと何回かコースに出れば、何とかお荷物にならずラウンドできそうな気がします。

今日はそれほど日差しが強いとは思いませんでしたが、ラウンド終了後は顔が真っ赤に。日焼け止めを塗っておけばよかったと悔やんでいます。普段、あまり日に当たらないので、たまに当たると敏感に反応してしまうのかも。

| | Comments (0)

September 15, 2008

行くぜ!広島!!

いつ行こうか、行くか行くまいかずっと考えていたのですが、21日の中日戦へ行くことに決めました。

仕事とか試験勉強とかゴルフとか、今月は予定が盛りだくさんで広島へ行くのはきついかと思ったのですが、チームはCS進出を目指して何とか戦線に踏みとどまっていますし、何より市民球場が今年で最後ですから、やはり行かないという選択はあり得ません。

しかも観戦は1試合に賭けます。22日は海を渡って松山へ。巨人戦は瀬戸内海の向こうから応援します。

| | Comments (0)

August 17, 2008

女子マラソンに思うこと

土佐礼子、途中棄権。このニュースには本当にがっかりしました。

2006年の東京国際女子マラソンで、極寒の中、ペースを落とさず走りぬいて優勝したイメージが私の中にはずっとあって、過酷なコンディションといわれていた北京で、土佐選手が一番強さを発揮してくれると期待していただけに、とても残念です。それに、野口選手の欠場もありましたから、余計に「やっぱり土佐だよなー」と思っていたのに…。

今回の一連の残念なニュースに、忘れかけていたアネネ五輪における高橋尚子選手代表落選のことを思い出してしまいました。高橋尚子選手はシドニーで日本人女子陸上競技選手初となるオリンピック金メダルを獲得しましたが、私はその実績だけで次の五輪に出場する権利を無条件であげたっていいと思っていました。少なくとも、五輪のスタートラインに立てるコンディションにあったわけだし、メダル獲得だって期待できたわけですから。

それを思うと、直前になっての野口選手の欠場、さらには土佐選手の棄権という事態は、何ともコメントのしようがありません。走った結果、成績が悪かったのなら仕方がありませんが、それ以前の問題です。野口選手は前回金メダルを獲得しましたが、やはり日本女子にとって前人未到の快挙を成し遂げた高橋選手に比べたら、その評価や価値は同じではないと思います。今回も金メダルを獲ったら、それと同じ、またはそれ以上の評価を受けるところだったのに、逆に評価を落としてしまいましたね。

それは置いておいて、38歳で優勝したルーマニアのトメスク選手は素晴らしかったですね。日本勢のことは忘れて、拍手を送りましょう。

| | Comments (0)

July 28, 2008

あきらめてはいけない

最近、我が広島東洋カープは7連敗を喫し、5割付近を維持してきた勝率は急落してしまいました。

夏場を迎えても、例年に比べれば明らかに安定的な戦いをしていたので、横浜に負け越し、さらにヤクルトに3タテを食らうなど、ファンの誰もが予想をしていなかったことでしょう。もはやこれまで、やはりこれが実力かと、対照的に勝ち星を積み重ねていく巨人を横目に見ながら、私の中には沈滞ムードが広がりました。

さらに一昨日、横浜3連戦の初戦を落とし、最下位のチームを相手に2週連続で負け越してしまうのかと、ダメ押しをされたような気分に陥りました。ところが、昨日は劣勢を跳ね返し、アレックスのサヨナラホームランで見事な逆転勝利。ズルズルと下降の一途を辿りそうなチームの空気に僅かな勇気を与えてくれました。

そして今日、先発の大竹が気合の力投で横浜打線を7回まで1点に抑え、同点で8回を迎えました。まあ、継投で何とかこの先無失点に抑えて、8回に勝ち越し、あるいは9回以降にサヨナラで最後は勝てると思って見ていたののですが、何と走者を2人置いて村田が第29号3ランホームラン。グラブを地面に叩きつけた大竹。これで2週連続横浜戦負け越しがほぼ確定…と思いました。でも、さすが村田もいいスイングだ!

しかし、野球はわからないですね。その裏、四球と内野安打で出した2人のランナーを置いて、今度はアレックスがお返しの同点3ラン。さらに10回2死から、最近ファンからもお荷物的な視線を浴びていたシーボルが、まさかのサヨナラ満塁ホームラン。いやー、ただのサヨナラ打ではなく、満塁ホームランというところにドラマを感じます。

試合展開からして、下手したら3連敗していたかもしれないこの3連戦。結果的には勝ち越すことができ、まだ3位以内も狙える位置を何とか維持しました。ご存知のとおり、今年は広島市民球場ラスト・イヤーです。私もどこかのタイミングで行こうと思っていますが、7連敗したときはその気持すら揺らぎました。でも、クライマックスに出れる出れないはどっちでもいいです。プロ野球は結果が全てとは言いますが、大物選手を獲ってきたり、引き止めたりする財力のない球団が、昨日、今日のようなネバー・ギブ・アップの精神で必死に食い下がる姿は素晴らしいと思います。どんなことも、決してあきらめてはいけないんですね。それは学生時代にずっと胸に秘めていた私の信念。忘れかけていたことを思い出させてくれました。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧