July 13, 2009

試験終了

昨日は平成21年度第1回電気通信主任技術者試験の日でした。私は線路の「設備」と専門の「通信線路」を受験しました。

今回の感想は、基本的には過去問に即した内容でしたが、そうはいっても簡単には解答を絞らせない趣向が凝らされていたように思います。気になる出来ですが、出来たとも言い切れないですが、出来なかったわけでもないという曖昧な感じです。どちらかというと専門の方が不安です。

1発で決めたいところですが、果たしてどうなるか。

| | Comments (9)

July 11, 2009

早大理工

明日の試験会場を下見。副都心線の西早稲田駅は、早大の構内へ直接通じていて、いきなりキャンパスの中に出ることができるので少し戸惑いました。
※ 写真は明治通りの3出口。

2009071114130000

| | Comments (3)

July 08, 2009

平成21年度第1回 電気通信主任技術者試験は4日後

今度の日曜日は電気通信主任技術者試験です。

今回は線路の受験になりますが、実は、5年くらい前に受験したことがあります。ただ、そのときは全く勉強していなかったので、実質的には今回が初受験。

受験科目は設備と専門(通信線路)の2科目で、6月に入ってから本格的に勉強を開始しました。ただ、5月に工担を受けて、それから間隔を空けずに勉強を続けたため、ウォーミングアップ期間はあまり必要ありませんでした。

昨年の今頃も、伝送交換受験のために設備と専門の2科目を勉強していたのですが、そのときは知識が頭に入りきらなかったということが反省点だったので、今回はそれを克服すべく作戦を考えました。

まず勉強の順番を、専門→設備の順にして、昨年の逆にしてみました。内容の深い専門を先行することにより気持を優位にするのです。また、専門の内容は設備の一部と重なるので、専門+設備でひとつの科目なんだと思うようにして、2科目プレッシャーを感じないようにしました。

設備では問4の信頼度の計算問題をマーク。これは伝交でも出題された内容なので復習の内容ですが、計算ミスをしなければ確実に点が取れるポイントです。穴埋めと合わせて全問正解できれば20点を叩き出せて、そうなると他は50%の正解率でよくなるので、合格ラインがぐっと近くなります。

先日、工担の出題傾向が変わっていたので、電気通信主任技術者も変化があるかもしれないですね。そうなると計算が立ちにくくなりますが、果たしてどうなるか!?

| | Comments (50)

June 16, 2009

工事担任者試験に合格

工担のAI・DD総合種に合格しました。国家資格としては3つ目。

私にとっては、来月の線路主任技術者試験の前哨戦でしたが、まずは予定通りクリアすることができました。工担の知識が直接生かされることはないのかもしれませんが、頭のウォーミングアップとしては十分で、線路の試験に向けて早くもエンジン全開です。

| | Comments (4)

May 27, 2009

早くも始動

工担の試験から中1日、早くも7月の電気通信主任技術者試験に向けて勉強を開始しました。

出題傾向の調査は前から進めていたのですが、次回受験する「線路」は伝送交換に比べて配点が細かいので(2点×4の穴埋めが計5題ある)、大きく失点する確率は伝送交換より低いと思いました。伝送交換は1問4点の配点が多く、1つ落とすと大きいのです。

今回は伝送交換とやり方を変えて、専門(通信線路)→設備という順で勉強をすることにしました。設備は各専門科目の内容からダイジェスト的に出題されますので、専門を先にマスターすれば設備は楽に頭に入ってくるという目論見です。2科目同時合格を目指すなら、その方が良いと判断しました。

まだ先と思っていましたが、気がつくと、あと1か月とちょっとなんですよね。

| | Comments (0)

May 24, 2009

試験終了

今日は工担の試験でした。

試験準備はまずまずで、約1か月かけて問題集を3巡以上こなしました。また、苦戦が予想される分野についてはそれとは別に対策もしました。

7~8割は取れると踏んでいたのですが、以外にもテキストや過去問では見たことがない内容がたくさん出てきて、試験の出来はボーダーライン。

テキスト等を見て答え合わせをした感じだと、何とか6割を超えてるようなのですが、テキストを見ても答えがわからない問題も結構あって、結果は蓋を開けてみないとわかりません…。

| | Comments (6)

May 10, 2009

電気通信の工事担任者(AI・DD総合種)

5月24日に工担の総合を受けるので、先月くらいから勉強をしています。私は伝送交換主任技術者を持っているので、3科目中2科目が免除となり、受験するのは1科目だけになります。

伝送交換主任技術者に比べれば、難易度は易しいですし、しかも1科目だけなので、油断せず真面目に勉強すれば取れるのではないかと思っています。でも、7月に線路主任技術者を受けるので、その準備の方が大変ですから、今は並行で進めています。

工担の技術は、10分野×5問の計50問が出題されますので、漏れなく幅広い知識を身につける必要があります。電気通信主任技術者試験のような難解さはありませんが、1日の試験のためにたくさんの知識を記憶しておかなければいけないので、そこがポイントでしょうね。

でも1級の特殊無線の方が大変だったかな…。

| | Comments (4)

February 17, 2009

私は電気通信主任技術者!

電気通信主任技術者試験の結果が届き、見事に合格することができました。

微妙な出来でしたが、答え合わせをしてみると、問2のアンテナが満点の20点を獲得できていて、ここでの貯金が他の問題での得点不足を救ったようです。アンテナは勉強を始めた当初から出題濃厚と徹底マークしていただけに、満点獲得は正に準備の賜物と言ってよいでしょう。

「合格」という2文字は気持が良いですね。ある程度不合格を覚悟していたのですが、その場合、次回は実務経験が規定の年数に達するため無試験で合格という筋道は敷かれていました。しかし、やはり試験で決めたかったですから本当に嬉しく思います。

それにしても、文科系出身で、しかも35歳を過ぎてから100%独学で、1年半で資格を手にしたというのは自分でもよくやったと思いますね。何百時間勉強したかわかりませんが、そのおかげで仕事でもよく頭が働くようになりました。次は線路を目指して頑張りたいと思います。

| | Comments (10)

January 25, 2009

試験終了

今日は平成20年度第2回電気通信主任技術者試験の日でした。私は専門の「無線」のみの受験だったので、午後から会場入りしました。

前回は2科目受験でどちらかというと「設備」に力を入れていたため、「無線」の方は準備不足の分野もあったのですが、今回はひととおり勉強してきたので、合格ラインはある程度余裕を持って越えられるのではないかと思っていました。

しかし、今回は難しかったです…。移動通信、衛星通信は必ず出ますから、残りが何かというのが勝負なのですが、まずは予想通りアンテナが出題されました。H18年度以来出題がなかったので、そろそろ出てくると思っていたのですが、問題の中身は期待していたほど容易でなく、いまいち絞り切れない感じでした。できればここで貯金を作りたかったです…。

もうひとつ計算外だったのが衛星通信で、ここは稼ぎ所だと思っていたのですが、どちらかというとレアな海上衛星無線の問題が出ました。しかも結構掘り下げた内容の問題で、過去問で1回出ているものの、それほどマークしていませんでしたので点が取れている自信はありません。

正誤問題にしても明らかに「コレ」というように正解が出せるような問題は全体を通して少なく、もうひとつ手応えが掴めない印象を残して終わってしまいました。6割取れているかというと微妙です。前回は5問中の1問で壊滅という分野がありましたが、今回はそれはないと思います。しかし、他のマイナスをカバーするような出来の高い問もありません。それぞれが満遍なく6割をクリアしていないと厳しそうです。

もし落ちたら、次回は試験を受けなくても実務経験で取れるのですが、どうせなら気持ち良く試験で決めたいです。

| | Comments (6)

December 30, 2008

平成20年度第2回 電気通信主任技術者試験

来月の25日は電気通信主任技術者試験の日です。早いもので、前回の試験から早や半年が経とうとしています。

今月に入ってから少しずつ準備に入っていたのですが、先週あたりから本格的に図書館に通い始め、残り1科目を確実に取れるよう対策に取り組んでいます。1月に入ってからでもよいのですが、年明けは仕事が忙しそうなので前倒しで勉強しているのです。

先週の金曜日をもって試験前の飲酒は最後にしたので、身も心も試験勉強モード。次は4回目の試験となりますが、地道に科目合格を重ねた苦労が報われることを願います。

| | Comments (6)

より以前の記事一覧