December 16, 2006

FinePix Z5fd 購入編

今日は待ちに待ったFinePix Z5fdの発売日ということで、さきほど秋葉原から帰ってきました。

先月末からいろいろリサーチしていたのですが、その甲斐あって満足度の高い買い方ができました。3色のうち、CMで登場するラズベリーレッドが先行で2日発売だったのですが、残りのシルバーとブラウンが本日16日の発売だったのです。

予約受付時の価格はヨドバシカメラで39,800円でしたが、発売日は確か37,800円だったと思います。また、日によってポイントが+5%の20%の日もありましたので、買う際にはそのタイミングは外せないと思いました。さらに、メーカーが店頭でイベントをやる日もあり、その場合は抽選で何か貰える可能性があるので、ポイント以外にそれも重なると言うことなしです。

今回買い替えるのは、今まで使っていたものが故障したからなのですが(というか、壊してしまった)、そのカメラはジャンク品扱いでオークションに出すことを考えていました。しかし、ヨドバシカメラで「デジカメ3,000円で下取りします」との掲示があったので、試しにもっていったら買い取りしてくれました。下取りカメラの定価が30,000円以上で、シリアルNoがあり、メモリーカードが使用できるもの、そして30,000円以上のデジタルカメラを新規購入する等の条件はありましたが、液晶モニターが故障していることは問題になりませんでした。聞いてみるものです。それにしても、下取りしたカメラは一体どうするのでしょうか。

さて、今日はまず錦糸町店に行ったのですが、価格37,800円でポイント20%、そしてメーカーのイベントはやっていませんでした。ポイントが20%なら「買い」だと思ったので、先に日本橋へ行って用事を済ませて、帰りに買うことにしました。しかし、日本橋での用事が済むと、秋葉原に寄ってみようと思い立ち、ヨドバシAKIBAへと向かいました。経験上、同じヨドバシカメラでも値段や特典が違ったりするので、通り道だし確認しに行く価値はあると思ったのです。すると、案の定、条件は違っていました。AKIBAは34,800円のポイント15%だったのです。どっちが得か、最初、頭が混乱しましたが、冷静に携帯の電卓で計算したところ、AKIBAの方が若干条件は上でした。なので、親切そうなお兄さんに声を掛けて、必要な付属品を見繕ってもらい、もってきたカメラの下取りも頼みました。

結局、支払ったのは本体が31,800円(下取り3,000円分をマイナス)で、そのポイントを充当してXDカードとケースを購入し、しめて35,000円くらいでした。本体に付属のXDカードは容量が小さく実用性がありませんので、XDカードをもっていない人は本体価格プラス3,000円程度を見込んだ方がよいでしょう。Z5fd用のケースも3,000円少々です。持ち運びの際などに傷をつけたくない人は買った方がよいですね。デザインや使い勝手を考えると、やはり純正がお薦めです。ちなみに、本体のポイントを付属品購入に充当したい場合は、その旨を店員に言えば気軽に応じてくれますよ。

会計を済ませると、FinePixの抽選会の券を貰いました。イベントもやっていたのです。1階の会場へ行くと、2人の女の子サンタが暇そうにしていて、券を渡すと手厚く歓迎してくれました(土曜なのに売れてないのか…!?)。結果は4等でマグカップが当たりました。サンタは親切に景品を私のバッグの中に入れてくれました。このイベントは錦糸町ではやっていなかったので、秋葉原に来て正解だったようです。

製品についての説明は何も聞かず、条件だけで決めてしまいましたが、FinePixを買うのは3台目なので間違いはないでしょう。半月以上、携帯カメラで過ごしてきましたが、これで元の生活に戻れます。仕事でもブログでもデジカメを使用するので、ないと実に不便でした。

使用レポートは暫くしたら掲載します。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 29, 2006

FinePix Z5fd

先日、車のドアを閉めようとしたところコートが挟まって、そのときにポケットの中にデジカメが入っていたのですが、どうやらその衝撃が原因でモニターの液晶が破損してしまったようなのです。外的な破損はないのですが、内部の液晶に亀裂が見えていて全く絵が出ないんです。

ただ、カメラとしての性能に支障はなく、ファインダーを覗けば撮影はできますし、取り込んだ画像も正常なんです。しかし、モニター画面が出ないのでカメラの設定状態や残りの撮影枚数が全くわからないので「半使えない状態」です。

そろそろ買い替えたいと思っていた矢先のことではありますが、他にも買いたいものがあったので実際はもう少し使うつもりだったのに…。まあ、修理費用を考えればやはり買い替えが得策という結論に達しますよね。

現在、私が使っているデジカメは2代目の3台目なんです。初代はFinePix500、そして2代目はFinePixF401なのですが、2代目は飲み屋に忘れてきて紛失してしまった経緯があり、同じものを2度買っているんです。なので2代目の3台目というわけなんです。

この年末、3代目の4台目として狙っているのは12月に発売されるFinePix Z5fdです。代々、このFinePixシリーズはデザインが洗練されているので私は使い続けているわけなのですが、同シリーズを使い慣れているので今さら変えたくないという方が大きいかな。デジカメの性能を示すひとつの基準として画素数というのがありますが、私が思うに、あまりこの数字に固執して品物選びをしない方がよいです。画素数だけでは判断できない絵の特色もありますから、プリントのサンプルを見たり、実物を触ってみたりして、自分の感覚で気に入ったものを買った方が満足のいく買い物ができると思います。

Finepix_z5fd
FinePix Z5fd

私は仕事でデジカメを使用することが多いので、サイズがコンパクトな方がよいのです。高品位な画質にこだわると、やはり本体のサイズが大きくなってしまうので、そこはある程度妥協して選んでいくと新製品のFinePix Z5fdが筆頭候補ですね。本当は、広角の28ミリレンズに対応したものがよいので、浜崎あゆみが宣伝しているパナソニック製の方が希望に合っているのですが、カメラといえばパナソニックよりフジフィルムという頭が私の中にあり、多分パナソニックは買わないと思います。私は28ミリに対応したフィルムカメラを持っているのですが、これの何がよいかといいますと、画面に入る幅が広いので、36ミリだと後方に下がらないとフレームに収まらない絵が、それほど下がらなくても収まってしまうのです。場所によっては後ろに下がりたくても下がれなかったりしますから、28ミリというのは大変魅力だと思います。あいにくフジフィルムのデジカメですと、小型機種でその機能をもった製品はありません。

FinePix Z5fdの売りになっている特徴は、人の顔を自動的に検知して綺麗に撮れる「顔キレイナビ」や、撮影した画像をカメラでリサイズできる「ブログモード」、ワイヤレスで画像転送ができる「高速赤外線通信機能」などです。そういえば、FinePixシリーズは藤原紀香がCMをやっていた頃から肌とか顔の色の美しさにとてもこだわっていますが、きっと女性をターゲットにしているんでしょうね。まあ、機能はいろいろあった方が便利ですけど、やはり勝負は写真そのものです。現在、私が使っているFinePixF401にしても撮影モードの種類はそんなにないですけど、手動で設定して撮影すると逆光でも明るく撮れたり、夜景でも綺麗に撮れたりするので、いかに使いこなすかなんですよね。

写真の絵の質だけは使ってみなければ本当のところはわかりませんので、買ったらまたレポートしたいと思います。カラーは3色ありまして、ラズベリーレッドが12月2日、シルバーとチョコブラウンが12月16日発売となっております。ちなみに、ヨドバシカメラでは下取りキャンペーンをやっていまして、デジカメを買うと今まで使っていたデジカメを3,000円で下取りしてくれるそうです(ただし条件あり)。

Photo_8
ラズベリーレッド
Photo_9
チョコブラウン

| | Comments (3) | TrackBack (0)