September 01, 2008

春琴抄(しゅんきんしょう)

Photo

先日、日本映画専門チャンネルで「賛歌」(1972年)という作品を観たのですが、それに描かれていた盲人の三味線師匠春琴と、春琴に仕える丁稚佐助の関係に興味を惹かれ、原作の谷崎潤一郎「春琴抄」を読んでみました。

佐助は、春琴の食事、入浴から下の世話に至る全ての身の回りの世話をこなし、さらには罵られ、殴られ、声を上げて泣き出してしまうほどの厳しい稽古に耐えながら、それでも高圧的な春琴に仕えることに幸せを感じるという、度を超えて献身的な男性です。挙句の果てに、何者かに顔にひどい傷を負わされ、誰にも姿を見られたくないと心を閉ざした春琴のために、自ら針で目を突いて春琴同様盲人となり、「もう(春琴の)お顔を見ることはござりませぬ」と引き続き春琴仕えたいと懇願したのです。

映画を見ていても小説を読んでいても、私はこの佐助を特異な性質の男、つまり相当なマゾヒストだと最初は思っていました。そして春琴と佐助の関係も、世の常識から見ても特別なものだと。でも、よく考えてみると、実はそうでもない気がしてくるのです。佐助のように、男性が一方的に一人の女性のために全身全霊を尽くすというのは、実は男性の本性なのではあるまいか、しかし、そうすることに格好悪い、恥ずかしいといった理性が働くのも同時に本性なのではあるまいか、と思えてくるのです。「春琴抄」は耽美主義を描いた作品とされていますが、そういった理性を排除して男女の本質を純粋に抽出すると、最高の美が描ける、それが春琴と佐助なのではないでしょうか。

作品の中では色々な「美」が彩を添えているのですが、盲目の世界もそのひとつです。盲人は、目が見えない分、他の感覚は目あきの人よりも冴えそれを補い、また、目あきの人には感じ得ない世界があるのだという旨のことが書かれているのですが、少しだけその感覚は私にも理解ができます。ステレオで音楽を聴いているとき、目を閉じて聴いているときと、目を開けて聴いているときとでは、感じ方が全く異なるのです。目を閉じているときの方が、圧倒的に神経が音に集中しているのです。なので、盲人の人は視覚は働かなくとも、その分、他の神経が研ぎ澄まされているのですね。それにしても、盲人の春琴と同じ世界に飛び込んでいき、それをこの上ない喜びと感じる佐助と、それを受け入れて同様に喜ぶ春琴。この物語における耽美主義の頂点です。

最後に、この「春琴抄」の文体における特徴に触れておきたいと思います。文中「、」「。」が極端に少なく、一見、どこで文章が切れるのかよくわからないのです。しかし、文章に一律のリズムがあって「、」「。」がないことはさほど苦になりません(私の感覚ですが…)。本来なら「、」「。」が存在するところが、読んでいると自然に見えてくるのです。これは、盲人の世界を感覚的に表現しようとしているのではないでしょうか。盲人にとって目が見えないということは、小説にとって「、」「。」が少し足りないくらいのことで、「、」「。」が多少なくても小説は普通に読めるのと同じように、目が見えないからといって目が見える人と大きな違いはないのだという、著者のメッセージと私は受け取りました。

「春琴抄」は昭和8年の作品で、今では馴染みのない言葉も多く、現代小説のようにはスラスラ読めない小説ではありますが、そういう作品を読む場合、映画を先に見てそれから小説を読むと入ってきやすくてよいと思います(映画化されている場合に限りますが…)。

| | Comments (1)

July 29, 2006

本を読むこと

このところ読書量が急増していて、我ながら良いことだと思っています。

家には買ったまま読んでいない本がたくさん溜まっていて、それらを消化しています。半年前までは勤めていた会社が遠くて、かつ仕事がやたら忙しかったので、思うように本を読むことができませんでした。電車で本を読み始めても、疲れているのですぐ寝てしまって、読みかけの本ばかりが増えていきました。そういう時期というのは新しい知識やものの見方が身につかないので、仕事も私生活も単調でつまらないものになりがちでした。仕事が忙しかったから仕方がないとはいえ、本を読めるくらいの時間的、精神的な余裕がないと良い仕事はできませんね。なので、ある程度の余裕をもてるような仕事のスタンスを自分自身で作れなければいけないと思います。

今は週1~2冊のペースでいろいろな本を読んでいますが、私は子供の頃、全くといっていいほど本を読みませんでした。何で人は本を読むのか、本気で理由が分かりませんでした。中学生のとき、国語の時間に「濫読」という言葉を耳にしたことがありますが、それこそ私にとっては意味不明だったのです。なので国語は苦手でしたが、受験勉強で文法だけはしっかり学んだので、そのことがこうして文章を書ける基礎になったのだと思います。

私が本を読み始めたのは高校2年生くらいからで、大学に入ってからはその量がまともになりました。そのときに読んだのはほとんど小説でした。江戸川乱歩が好きだったので、明智小五郎が登場する話は図書館で借りて全て読みました。それでも、本を読む意味というのは理解していませんでした。

社会人になっていろいろな人と出会い、いろいろな職業を経験すると、ものの見方が変わって、学生時代に退屈そうに聞いていた講義の教科を改めて勉強してみたくなって、たまに専門書を買うようになりました。心理学、生物学、経営学、古典など、大した数ではありませんが、学びたいという気持ちから本を読みました。

そして現在、私は遅ればせながら濫読というのを実行しています(20年遅いですね)。小説などの読みやすい本は1冊ずつ読んでいますが、経営戦略やコンピュータネットワークといった教本的なものは複数冊並行で毎日少しずつ読みます。なるべく偏らず、多様なジャンルの本を、平均して週に1~2冊のペースで読んでいます。今、私が思っている本を読むことの意義は、他人の経験を学習できるということです。私たちは、仕事においても私生活においても常に物事を判断して行動していますが、その判断の材料は経験と知識です。それには実際に自分が体験して身につけたもの、人に教えられたもの、そして本等で学習したものがあります。この中で、本だけは現在生きている人だけでなく、過去の人の経験を学習することができます。特に人の半生、国家や会社の歴史について書かれたものを読んで、それらの栄枯盛衰に触れたりすると、物事の本質というのがそれまでよりも見えるようになった気がします。

最近、周りに「自分は本を読まない」という人が非常に多いですね。会社で人の上に立つような人でも平気でそんなことを言ったりします。私は本もろくに読まないような人についていきたいとは思いません。本を読むということはそれくらい大事なことだと思うのですが、どうなんでしょうね。本は他人の経験を教えてくれます。本は素晴らしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

経営戦略と私

最近、実践していることがあります。

それは最近読んだビジネス書に書いてあったことなんですけど、その本には、起業した人を成功に導くためのノウハウが書かれていました。小さな会社がどうしたら競争に勝てるのか、コンサル会社を経験した著者が具体的に例を挙げてノウハウを紹介しています。時間の使い方、営業エリアの選び方、客層の選び方等、戦略的なことがいろいろ書かれているのですが、私にとって最も印象的だったのは顧客戦略の章でした。いかにお客さんに気に入られ、末永くリピーターになってもらうかということが述べられていたのです。

そこには、お客さんになってくれた人にさらに気に入ってもらうには、プラスアルファのサービスを実行することが一番の近道であると書かれていました。プラスアルファのサービス、それは、お客さんが思っていること以上のサービスで、面倒だと思う気持ちをぐっと抑えて、報いを求めない親切な行動をすることです。そんなことが本の最終章近くに書かれていたので、ビジネスには戦略が重要なのは当然ですが、それ以上に心が伴わないと上手くいかないのだと思いました。

近頃、会社や私生活で考えさせられることが続いていました。それは、自分が正しいと思ったことで、かつそれが客観的に見ても正しいとしても、それを相手に真正面から主張すると、必ずしも上手くいかないということです。理詰めでは勝てるのですが、結果的に、相手との関係が悪くなって嫌な思いをしてしまうのです。自分が下手に出て上手く立ち回ってもいいのですが、相手が間違っているのに何で自分がそこまでしなければいけないのかと考えてしまい、自分がどうあるべきか思いを悩ませていました。そんなとき、顧客戦略がひとつのヒントをくれたのです。仕事、私生活に関係なく、自分と接する相手全てをお客さんとみなして、相手の立場になってものを言ったり、行動するように心掛けてみたのです。

先日、ある会社外部の方から問い合わせを受けたのですが、調べて口頭で回答すれば済む話だったのですが、現場の写真を撮り、簡単に資料化して分かりやすいように回答を出しました。その後、その案件に関して覚書を締結する運びになったのですが、急ぎたいという先方の要望の応えるため、相手先の会社まで出向いて書類を届け、さらに至急の捺印に協力してくれた総務のスタッフにお礼のメールも出しました。振り返ってみると、自分でもすごく親切で丁寧な対応だったと思いますが、「プラスアルファ」に費やした労力はそれほど大したことでもない気がします。そんな小さな気遣いと手間暇で、大きな好印象を相手に与えられたわけです。確かに1円にもなりませんけど、相手の人には感謝されましたから、私はこれで良かったと思います。実際、新しい心がけを始めてからは公私共に嫌な思いをすることが減りました。

経営戦略の本というのは面白いもので、孫子の兵法とか、ランチェスター法則といった、過去の軍事戦略の話がよく引用されます。戦争も経営も、過去も現在も、人のやることには変わりがないのですね。私は戦争も経営もやりませんが、それらを学ぶことはとても有意義なことであり、日常に生かせる教訓がたくさん身につくのです。

Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2005

「猫の事務所」

友人のブログに宮沢賢治の「猫の事務所」が紹介されていたので読んでみました。

読んでいるときは、やはり自分もかま猫の悲しい気持に浸ってしまいました。その描かれている様子があまりにもよくかま猫の心情を表しているので、他の猫を責めたいと思う気持すら薄れてしまいます。

かま猫は皮がうすいので、寒さをしのぐために毎晩竈で寝ています。そのため煤できたないから他の猫に嫌われているのです。そんなきたないかま猫が、普通の猫に近づきたくて竈の外で寝てみる場面があります。でもやっぱり寒くてまた窯に戻り、「僕が悪いんだ」と自分を責めて涙を流すのですが、私はかま猫のつらい気持をここに一番感じました。窯に入って寝たいわけじゃないのだけど、身体的な理由ではどうすることもできないのです。

解説によれば、この話は人間の本質を風刺しているとあります。猫の事務所は、いじめ、差別といった人間社会の歪んだ部分の縮図なんでしょうか。この小説に描かれていることが人間の本質ではあるのですが、これを読んでかま猫に感情移入して涙してしまうのもまた人間の本質なわけです。

最後に獅子が事務所を解散させました。かま猫にとっては名誉ある書記という職を失うことは無念でならないでしょう。でも、もう事務所の中で肩身の狭い思いをしなくてよくなることを思うと、私は少し安心した気持になりました。

この小説の初期形のエンデイングは、かま猫だけでなく、他の猫も獅子もみんな可愛そうと書かれていたそうです。これは何を意味しているのでしょう。自分なりに何日か考えてみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)