April 27, 2012

長崎

1945年8月9日午前11時2分、私の父親の故郷である長崎に原爆が投下された。原爆については学校でそれなりの教育を受けてきたと思うが、広島に比べると長崎については知らないことが多い気がする。

小倉に投下される計画だったが天候の影響で当日に長崎に変更になったこと、爆心地が街の中心から3キロほど外れたこと、広島がウラン型だったのに対し長崎はプルトニウム型原爆だったこと、恥ずかしながら私は最近になって知った。

実は、長崎の原爆は私と無縁ではない。これも恥ずかしながら近年になってから気が付いた事実である。私の父は昭和15年生まれの長崎出身。つまり、5歳のときに長崎で何らかの原爆の被害に遭っているはずだ。しかし、生前、私は父親から原爆の話を一度も聞かされたことがない。おそらく、何か思うところがあったのだろう。なので私もそれについては問うまい。

晩年、父が病院に電話をしている話し声を私は偶然聞いた。「自分は被爆者手帳を持っている」という話し声を。私は大きな衝撃を受けた。父は、あの恐ろしい原爆を体験していたのだ。そのとき、私は生まれて初めてそのことを認識させられた。

平成20年に父が亡くなり、諸手続のため父親の戸籍を調べることになったのだが、そのときに長崎の旧本籍地が判明した。住所は長崎市今博多町。おそらくそこが居住地だったのだろう。しかし、市内にいて、父も祖父母もよく無事だったものだ。市内でも外れの方だったのだろうか。

それから4年経った。私は父親の出生地である長崎を生まれて初めて訪れた。長崎市今博多町は、繁華街からさほど遠くないところに位置している。静かに川が流れる洒落た一角で、ビルと昔ながらの住宅が混在している。そういえば、父は子供の頃に川で魚を取ったりして遊んだと言っていた。この川のことだろうか。

Dsc_0244

対岸のベンチに座り、川向こうの今博多町を眺めていると、学生時代の父親が学ラン姿で平屋の家から飛び出てきた。高校へ向かうんだ。きっと家の中には、若い頃の祖父と、自分は会ったことのない祖母が元気な姿でいるんだろうな。そんな平凡で平穏な毎日がこの場所で繰り返されていたのだと、勝手に想像した。

長崎は平地が狭い。さらに、平地を囲む丘陵地は斜面が急で、それにもかかわらず平地と変わらず住宅がひしめき合っている。なので、車が通れる道路は少なく、まともな道路で山の上に向かうにはかなり遠回りとなる。そのため、狭い階段が迷路のように何本も張り巡らされている。階段や坂道はとにかく急勾配で、距離的には効率的に目的地へ向かえるのだが、体力の消費が半端ではない。しかし、この地形こそが私に命を与える遠因なのだ。

Dsc_0224

長崎の爆心地は松山町というところで浦上と呼ばれている地区だが、私はこの地にある原爆資料館を訪れた。館内では、原爆投下当日の様子や、その影響範囲、爆発後の悲惨な街や人のの姿、原爆投下後の放射能による影響などが、模型や実物、写真や映像でわかりやすく展示されていた。

爆心地は長崎の中心地から約3キロ外れている。しかし、徒歩で15分から20分くらいの距離で、半径1.5キロの致死率は100パーセントというほどの威力を思えば、3キロ離れていても大方無事では済むまい。実際、中心部でも大きな被害が出ている。

資料館には被害範囲を示した街の模型が展示されているのだが、私は今博多町の位置をスマホのgoogle mapで確認しつつ、被害範囲との位置関係を模型上で確認してみた。今博多町は中心部から歩いて10分ほどの、目と鼻の先の場所である。そこは被害が少ないエリアに属していたが、爆心地から見ると山を挟んだ遮蔽の位置関係にある。この山は金比羅山というが、入り組んだ地形が爆風を遮ったのだ。

爆心地周辺の写真には、真っ黒な死体が多数映っていた。戦争、原爆の真実だ。こんな恐ろしい地獄絵図を、5歳の父は目の当たりにしたのだろうか。それにしても、直接的な被害からは逃れたとはいえ、よく無事に生き残ってくれたものだ。今、私の命があるのも、そのことがあるからに他ならない。あいにく、父の存命中にこのことを感謝することはできなかったが、その代わり、戦争に耐えた人々、復興を支えた人々の上に我々の生活があるということを、後世に伝えていきたいと思う。

| | Comments (987)

July 11, 2009

早大理工

明日の試験会場を下見。副都心線の西早稲田駅は、早大の構内へ直接通じていて、いきなりキャンパスの中に出ることができるので少し戸惑いました。
※ 写真は明治通りの3出口。

2009071114130000

| | Comments (3)

May 15, 2009

東京スカイツリー(新東京タワー)

東武伊勢崎線の業平橋駅です。ホームの目の前では東京スカイツリーが建設中。東京スカイツリーの場所といえば「押上」とよく聞きますが、押上駅はタワーの向こう側です。押上にしても業平橋にしても地味な街ですが、タワーができる頃にはどうなっているのでしょう。ちょうどスペーシアがきたので、建設中のスカイツリーと一緒に写してみました。

Dscf2097
Dscf2095_2

| | Comments (0)

September 27, 2008

道後温泉

松山市駅から銀天街と大街道を抜け、大街道駅から市電で道後温泉へ向かいました。松山は3年ぶりなのですが、前回は17年ぶりでしたから、そのときに比べると別に感慨はないのですが、楽しい里帰りみたいな気分です。東京生まれの私には田舎がないのですが、昔、父の転勤のために住んでいた奈良の生駒と愛媛の松山は第2の故郷です。松山に住んでいたのは4年間だけでしたが、13~17歳という多感な時期を過ごしたので、やはり忘れられない思い出がたくさんありますね。もう20年も経つというのに記憶の鮮度が高くて、街のどこへ行っても懐かしいとか久しぶりというよりは、見るもの全てを当たり前のように受け入れてしまうのです。

Dscf1825
Dscf1827

私が住んでいたところは岩崎町というところで、温泉街にほど近い道後地区になります。もろに観光地ですから、今思うと「凄いところに住んでいたなあ」と思います。当時、あまり温泉へは行きませんでしたが、惜しいことをしたかな…。

Dscf1834
Dscf1865

今回、宿泊したのはメルパルク松山。道後温泉本館の裏手で、本館から歩いて5分くらいの小高い丘の中腹にあります。そこの大浴場も温泉を引いていてゆったりくつろぐことができたので、今回は本館や椿の湯へは出向きませんでした。私はそこで自転車を借りたのですが、学生の頃みたいに街中を走り回れてとても嬉しかったです。料理は美味しかったですし、値段もお手頃だったのでまた泊まりたいと思いました。

Dscf1856

松山の市の中心には大きな城山があります。街のどこへ行っても、城山の位置を見れば自分がだいたいどの位置にいるのか見当がつくのです。道後は城山の東にあたりますが、その方向から見る城山の風景は、やはり郷愁にそそられます。ひとつ残念だったのは、学校へ行く途中にいつも通っていたみかん畑が駐車場に変わってしまったことです。

Dscf1844
Dscf1852

我が母校、道後中学校と松山東高校を回り、疲れた私は温泉に入って眠りにつきました。人生、何があるかわからないですけど、自分がこの先地方都市に住むことは多分ないでしょう。それゆえに、こんな街に住んでいたことのある自分は幸せだと思いました。

| | Comments (0)

広島と松山

市民球場での観戦を終えた私は、原爆ドームの横を抜けて、宿泊先の厚生年金会館へ向かって歩いていきました。

Dscf1785

広島には何度も来ているのですが、なぜか今回は「なんて美しい街なんだろう」と強く思いました。大通りの道幅は実に広く、贅沢なほど植栽が施され、さらには無電柱化が徹底されているのです。さらに、市内の中心部には川が多いのですが、橋梁の上には視界を邪魔するものがほとんどなく、それが大通りの特徴と相成って、街全体がワイド・ビューを作り出しています。ビルや繁華街の都市の顔、緑豊かな自然の顔、市電が行き交うレトロな顔、そんな様々な表情がひとつの街として見事に調和しています。そして夜は夜景が綺麗で、別に高いところへ行かなくても、普通に歩いて橋を渡るだけでその美しさを堪能できるのです。単に街を歩くためだけでも、訪れる価値があると思います。

Dscf1787

次の日、私はフェリーで松山に渡りました。市の中心部から広島港(宇品)までは市電で1本。しかも結構頻繁に走っているので、港までの便はとても良いです。

Dscf1789
Dscf1796

松山まではフェリーで約3時間かかりますが、外で景色を見ていると意外に早く感じるんですよ。私は潮風に吹かれながら、近日受験する資格試験の勉強をしていました。

Dscf1800
Dscf1812

松山観光港に到着。こちらは広島と違って、市内までのアクセスがやや悪いのです。道後温泉方面へはバスが出ているのですが、本数は1時間に1本くらいしかありません。なので、徒歩10分くらいのところにある高浜駅から電車で市中へ向かいました。高浜駅までは連絡バスもありますが、バスに乗るほどの距離でもないので、海岸沿いの散歩を楽しむ方がお勧め。高浜駅はレトロで良い雰囲気でした。

Dscf1818
Dscf1820
Dscf1822

松山市駅は松山市の玄関口で、市電から郊外電車への乗り換え駅です。いよてつ高島屋と一体化していますが、私が住んでいた約20年前は「いよてつそごう」でした。久しぶりにデパートの中へ入ってみたのですが、昔に比べると洗練されたというか、落ち着いた都会的な空間になった感じがします。ここだけでなく、街にも人にもそんな印象を受けました。

広島に比べると街はコンパクトで地味に思えますが、私にとっては松山の方が落ち着きます。住んでいたせいもあるでしょうが、性にも合っているのでしょう。ちなみに、もしも私が広島に住んだら野球に狂いそうなので、逆に離れたところに住んでいた方がよいのかも…。

| | Comments (0)

September 15, 2008

行くぜ!広島!!

いつ行こうか、行くか行くまいかずっと考えていたのですが、21日の中日戦へ行くことに決めました。

仕事とか試験勉強とかゴルフとか、今月は予定が盛りだくさんで広島へ行くのはきついかと思ったのですが、チームはCS進出を目指して何とか戦線に踏みとどまっていますし、何より市民球場が今年で最後ですから、やはり行かないという選択はあり得ません。

しかも観戦は1試合に賭けます。22日は海を渡って松山へ。巨人戦は瀬戸内海の向こうから応援します。

| | Comments (0)

August 29, 2008

瑞泉寺(鎌倉)

晴れ間がのぞいたと思ったら、次の瞬間には雨が落ちてくる、まるで小さな子供の表情みたいな空模様。そんな中、私は鎌倉市の東部、二階堂の細道を瑞泉寺へ向かって歩いていました。

瑞泉寺へは鎌倉駅から歩いて行くこともできますが、往路は鎌倉宮までバスに乗り、そこから歩くことにしました。バスを降りたら鎌倉宮の脇を真っ直ぐ先へ進みます。車がすれ違うのがやっとなくらいの狭い道で、自分の足音がこだまするくらい静かな山の中でした。ひぐらしの鳴き声が晩夏を思わせます。

Dscf1712

鎌倉宮から7~8分歩くと、瑞泉寺の入口に到着です。その先は山に囲まれ、奥に本堂の屋根がわずかに見える他は、伽藍の様相が全くわかりませんでした。お寺ということを知らなければそれと分からず、単に日本庭園か何かと思ってしまうことでしょう。

Dscf1695

入口で拝観料200円を払い、中に入ると、左手に庭園を見ながら先へ進んでいきました。すると階段があって、山の上へ上がっていきます。そして階段を上りきると山門があるのですが、この山門を抜ける次の瞬間が、私がこのお寺を訪れて感じた最高の風情なのです。

Dscf1697
Dscf1707
Dscf1709
Dscf1710

写真では伝わりにくいのですが、門を抜けた瞬間視界に飛び込んでる、日本庭園の魅力を凝縮した絵画のような景色があまりにも素晴らしいのです。これが紅葉の季節だったらどんなに美しいものか、想像を絶します。

境内は花や木々が溢れんばかりで、それでいて整然としているので、気品がありながら万人を楽しませてくれる華やかさも持ち合わせているように思います。

Dscf1703

本堂をあとにして総門へ下りてくると、そこはやはりお寺であることを忘れてしまいそうな静かな山の中。さっきの景色を思うと、龍宮城へでも行って帰ってきたような気分と言ったら大袈裟でしょうか。それにしても、このお寺は私にとって存在の仕方がとても興味深いのです。山に囲まれているせいもあり、外周からは存在感をあまり感じないのですが、かといって隠れようとしているわけでもなく、中では堂々と存在しています。外見の印象ではなく、中身を重んじるという思想なのでしょうか。

ここ、瑞泉寺の空気は静かで穏やかでありながら、周囲に影響されない強さのようなものも感じます。かといって疎外された感じもなくて、何とも言い難い不思議な空間です。

| | Comments (8)

August 04, 2008

成田山新勝寺

京成成田駅の改札を出ると、日はもう暮れかけていて、表を歩くのはそれほど苦ではありませんでした。成田山新勝寺をお参りするのは4~5年前の初詣以来になると思いますが、それは私が仏閣に興味を持つ前のことでしたので、興味を持って訪れたのは今回が初めてです。

Dscf1660

駅からお寺の総門までは徒歩10分少々。総門は竣工してまだ2年ということだけあって、全体が輝いているようでした。総門をくぐり先へ進むと、その奥には仁王門が見えてきます。総門とは対照的に、1830年の建立というだけあって、物静かな落ち着いた雰囲気で、参詣者に安心感を与えてくれます。

Dscf1662
Dscf1664
Dscf1669

仁王門を抜けると、その先に急な階段があって、その脇には石碑と大木が急な斜面に荒々しく立ち並んでいました。仁王門の表側とは異なり、裏側は厳しさを感じます。日本の伽藍や庭園を見ていると、「対象」という要素がいろいろな形で織り込まれていて、それが全体の均衡を作り出しています。

階段を上がると、大本堂が見えてきます。階段が急な分、本堂を下から鋭角に見上げる感じになるので、迫力や存在感が増して見えるのです。

Dscf1666

月並みな表現ですが、やはりお寺に来ると自然に気持が落ち着きます。特にこの数ヶ月、私はもやもやした嫌な気分が続いていましたから、今日はそんなことを忘れさせてくれました。

新勝寺は新旧の建物が境内の中で競演しているようで、しかもそれぞれの規模が大きく、さすがは大本山です。それを見て、感じるだけでも訪れる価値があると思います。

Dscf1674

成田へ来ると、もしここに空港がなかったら、もっと日本的で落ち着いた門前町だったのにといつも思うのです。帰りはJRに乗ったのですが、酒々井、佐倉、物井あたりまでは田園風景が続きます。実は千葉は米の産地なんですよね。この風景がいつまでも残って欲しいです。

| | Comments (0)

July 25, 2008

神楽坂祭り

P1000033
昨日、神楽坂で飲み会を開催したのですが、ちょうどお祭りをやっていて、毘沙門天を中心に大変賑わっていました。夏祭りの雰囲気は、大人になっても何だかとてもわくわくします。東京に生まれて良かったと思いました。

| | Comments (0)

June 10, 2008

日暮里・舎人ライナー

今日は午前中、目の検査があって、目薬の影響で目が見えにくく、試験の勉強をしたかったのですができないので日暮里・舎人ライナーに乗ってみることにしました(そうでなくても行ったかもしれないけど…)。

最初、山手線の日暮里で降りたのですが、ホームには日暮里・舎人ライナー方面への案内が見当たらなくて、西日暮里が始発なのかと思い、そのあと西日暮里へ行ってしまいました。しかし、やはり始発は日暮里とわかり、また戻っりました。ホームにもっとわかりやすい表示があって欲しいと思いました。

さて、平日の朝ということもあり、日暮里・舎人ライナーの日暮里駅は閑散としていました。おかげで、一番前の席を陣取ることができたのですが…。最前列はナイス・ビューなのですが、晴れた日は暑いので要注意。日差しをもろに受けるのと、冷房の冷気があまり届かないようで。

P1000019
P1000018
P1000017

評判通り、沿線の見晴らしはとても良かったです。高架の位置が高いのと、周りに高い建物が少ないので、結構遠くまで見通せます。荒川を渡って暫くすると、変わり映えのしない景色に少々飽きてくるのですが、ちょうどそのくらいのタイミングで終点を迎えるのです。

私は西新井大師西(紛らわしい駅名です…)で降り、そこから歩いて西新井大師へ行きました。初めてきたのですが、境内も参道も厳かな雰囲気はあまりなく、親しみやすく賑々しい感じがしました。このお寺は真言宗豊山派だそうですが、そこの総本山は、私が毎年のように行っている奈良の長谷寺です。奈良の長谷寺も庶民的な雰囲気のお寺と言われていますので、確かに、近いものを感じます。

P1000014
P1000015
P1000016

境内には弘法大師によってもたらされたといわれている井戸があり、それが本堂の西側にあるということから、西新井という地名がついたそうです。さらにその西側にある駅なので、西新井大師西なんですね。

帰りは東武線で西新井に出て、曳船経由で亀戸からバスで帰還したのでした。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧